大村祐里子の身近なものの撮り方辞典
第27回

身近なものを写真作品に仕上げるコツ〜苦手な人でも大丈夫な「虫」の表現〜

ふだん写真は撮っているけれども、どうも納得できる写真が撮れない。そういう思いを抱く人は多いのではないでしょうか?写真家の大村祐里子さんは、フォトテクニックデジタルの連載「大村祐里子の身近なものの撮り方辞典」の中で、日常的な風景を独自の視点で見つめて写真作品をつくる方法を教えています。
第27回のテーマは「虫」です。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

撮影のポイント

1. 虫が苦手でも、視点を変えれば立派な被写体になる。
2. リアルに写りすぎないように工夫する。

キヤノンEOS 5D Mark IV Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE f4 1/8000秒 ISO400 評価測光 WB:マニュアル RAW

初めて見た時、枝にとまったトンボの羽に、空の青が透けていてきれいだなと思いました。虫は、背景をシンプルにした方が、造形が際立ちます。この時も、空が大きく抜けるアングルを選び、背景が青く抜けるようにしました。

リアルに写りすぎないように工夫

虫の撮り方にはものすごく個人差があると思います。私は、虫の全体的な造形には興味があるのですが、虫自体が好き、というわけではありません。すみません。カメラを持っていない時に虫に出会うと「ギャッ」と叫びます。だから、虫の生態やパーツではなく、ある空間の中に存在している虫の形、をやや引いた状態で写したいと思っています。リアルに写りすぎた虫は苦手なので、ハイキー目に仕上げたりして、ファンタジー要素を強めにするよう心掛けています。

大胆なWB調整でファンタジーに

虫は小さいものが多いので、やはりマクロレンズは必須でしょう。ピントの微調整がしやすいので、私はMFのレンズの方が好きです。あとは、状況が写りすぎるとリアルになって気持ち悪いので、背景を大きめにぼかすことが大切かなと思っています。ゆえに、大きくぼかせるレンズがオススメです。さらに、大事なのは写真の色みです。大胆にホワイトバランスを調整して、実際とは全く異なる色みにした方が、ファンタジー要素が強くなって面白いです。

キヤノンEOS 5D Mark II Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE f2.2 1/640秒 ISO200 評価測光 WB:マニュアル RAW

このトンボは死んでいます…。温室の池の上を漂っているところを発見して、思わずシャッターを切りました。水の青と、植物の茎と、トンボの造形が淡い色みでまとまっていて、トンボ自体は死んでいるのですが、残酷な印象にならず、むしろきれいだなと思いました。

キヤノンEOS 5D Mark III Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE f2 1/90秒 ISO200 評価測光 WB:マニュアル RAW

夏の終わり、散歩している時に見つけました。セミの抜け殻…っぽいのですが、この抜け殻は白っぽくて、私が知っているものと少し違う雰囲気でした。大きな目も光っていて、まるで生きているようでした。背中に切れ目があったのですが、もしかしたら抜け殻じゃないのかも…? その不思議な存在感が際立つように、背景に濃いグリーンを持ってきました。

キヤノンEOS 5D Mark III Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE f2.8 1/50秒 ISO400 中央部重点平均測光 WB:マニュアル RAW

バッタがたくさん入っている水槽をのぞいていたら、一匹だけ白い羽を出している個体がいて、その子がこちらを見ているように感じました。ひとりだけ浮いているオンリーワンな感じがいいなと思ったので撮影をしました。ただ、バッタが大量にうごめいている様子はわりと気持ち悪かったので、水槽の反射を大きく取り入れて手前をぼかし、色みもグリーンを強くして、ふわっとした感じに仕上げました。


フォトテクニックデジタル2019年6月号

 

著者プロフィール

大村 祐里子


(おおむら・ゆりこ)

1983年東京都生まれ
ハーベストタイム所属。雑誌、書籍、俳優、タレント、アーティスト写真の撮影など、さまざまなジャンルで活動中。雑誌連載:『フォトテクニックデジタル』にて「身近なものの撮り方辞典」を連載中。

ウェブサイト:YURIKO OMURA
ブログ:シャッターガール
Twitter:@Holy_Garden


関連記事