『PHOTOGRAPHER TSUKUNE』尋常小学校の旧舎を舞台にカメラを持つ少女をポエティックに描く

ビデオSALONのビデオ投稿コーナー「Views」に投稿された映像作品の中からピックアップしてご紹介します。

タイトル:『PHOTOGRAPHER TSUKUNE』

作者:MAKOTO ONODERAさん

カメラを抱えた少女が導く、ポエティックなムービー作品。宮城県登米市の教育資料館と武家屋敷で撮影。旧登米尋常小学校だったロケ地の小道具を絡めじっくり構想された映像が、ノスタルジーな思いをかき立てる。

 

ビデオSALONでは、ウェブサイトにて映像作品を募集しています。応募された作品は、編集部審査の上、月刊ビデオSALONおよびビデオSALONウェブに掲載いたします。
「ザ・ベスト・ムービー」には賞金2万円を進呈いたします。

ビデオ投稿コーナー【Views】 応募フォームはこちらから

 

<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトに飛びます

ビデオSALON2018年5月号

関連記事