竹宮惠子氏の原画やクロッキー帳など貴重な資料を公開「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」

京都国際マンガミュージアム 2019年4月27日(土)~9月8日(日)

京都国際マンガミュージアムにて、「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」展が開催されている。会期は2019年4月27日(土)~9月8日(日)まで。

本展は『風と木の詩』、『地球(テラ)へ…』など、少女マンガ界に輝く名作の数々を生んだマンガ家/竹宮惠子さんのおよそ50年に渡る画業を、原画や高精細複製画「原画´(ダッシュ)」、関連資料等の展示で振り返るものだ。

2017年秋から2年をかけて全国を巡回し、大好評となった本展もついに京都の地でフィナーレを迎える。他館では出展されていなかった作品も、今回は新規に出展。また、『プロのマンガテクニック 竹宮惠子 スタイル破りのマンガ術』のため、特別に描き下ろされたジルベールとソルジャー・ブルーのペン画も展示されている。

プロのマンガテクニック「竹宮惠子 スタイル破りのマンガ術」

昭和初期に建造された小学校校舎を改修した京都国際マンガミュージアム。展示空間には独特の温かみがあり、展示物との近い距離感が魅力だ。精緻に描きこまれた竹宮作品の魅力を、ぜひ間近で感じて欲しい。巡回展のフィナーレを飾るべく、様々なイベントが企画されているのも注目だ。

『風と木の詩』のネームが描かれたクロッキーノートと、実際に描かれたマンガを原画等の展示で紹介する。
『地球へ…』等、SF作品の展示室。照明やBGMにより、宇宙を思わせる幻想的な空間となっている。
竹宮惠子さん書斎の再現展示。周囲の壁面には、『プロのマンガテクニック 竹宮惠子 スタイル破りのマンガ術』のために描き下ろされたジルベールとブルーのペン画と、その作画手順を撮影した写真が展示されている。

<展示情報>
竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary

会場:京都国際マンガミュージアム
京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校)
Tel 075-254-7414
https://www.kyotomm.jp/

期間:2019年4月27日(土)~9月8日(日)
時間:10:00~18:00(最終入館は17:30まで)
休館日:毎週水曜日(休祝日の場合は翌日)、年末年始、メンテナンス期間
※休館日、開館時間は変更する場合があるので詳細は公式ホームページを確認のこと
入場料:大人(800円)、中高生(300円)、小学生(100円)
※団体(20名以上)各種割引あり

「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」特設サイト
https://www.kyotomm.jp/lp/kaleidoscope/

【イベント】
竹宮惠子ファン大感謝祭
日時:2019年9月8日(日) 14:00〜16:00
募集人数:200名
参加方法:
申し込み方法の詳細は、下記ホームページにて6月20日(木)より公開予定
https://www.kyotomm.jp/event/eve_takemiya50_festival/

【イベント】
各種コンテスト応募
日時:2019年4月27日(土) 〜 7月31日(水)
『「風と木の詩」方言朗読コンテスト』、『竹宮惠子作品コスプレコンテスト』、『竹宮惠子展「ジルベールベンチ」・「壁ダン」写真コンテスト』など、来館者参加型の楽しいコンテストが予定されている。
https://www.kyotomm.jp/event/eve_takemiya50_contest/


関連記事