カッコいいスナップ写真の撮り方
第4回

アイコニックなシンボルをよりカッコよく撮る方法

今や誰もがカメラを手にして、日々の記録を写真として残す時代になりました。スナップ写真と呼ばれるジャンルは、目の前の景色、日常を残すという意味では、私たちが最も親しんでいるジャンルかもしれません。

カッコいいスナップ写真の撮り方」では、日頃私たちが撮っているスナップ写真をよりカッコいい作品へと高めていくための秘訣を伝授。著者の野寺治孝さんによれば、「カッコいいスナップ写真」とは「独自の視点」「写真的感性」「空気感の表現」「個性的に撮る」という4つのポイントを押さえた写真としています。自分なりの工夫や視点を持ち、機材やテクニックに頼らず、それでいて場の空気をしっかり捉えることであり、本書ではそれを実践するための考え方について、様々な作例を使って説明します。

本記事ではChapter2「人物1」より、スマイルマークの前に立つ少年の写真を例とした撮り方、考え方について抜粋して解説します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

カッコいいスナップ写真の撮り方

人物

街をスナップしていると、どうしても声かけして撮りたくなる人と出会うことがあります。最初はなかなか勇気が出ず躊躇してしまいます。 ダメ元で 「すみませんが一枚撮らせていただけませんか?」 とお願いしてみましょう。 結果は時の運に任せて。OKならば、相手の負担にならないように短時間で撮ろう。撮る前に背景ゃ画角、露出を決めておくと早く撮れます。余裕があれば目線をカメラから外してもらったりして自然な感じも撮っておくといいでしょう。 撮影後には御礼を忘れずに。

スマイルマークと少年

背景の壁を活かしたポートレート。

DATA
東京・新宿区・高田馬場/午後9時頃
35mmフィルム・コンパクトカメラ
38mm F2.8
1/60秒 F5.6 オート -2/3補正 ISO100 スト口ボ使用

撮り方&仕上げ方
ピントは少年の顔に合わせる。 背景のスマイルマークを活かした絵作りをする。レタッチでは壁の色よりも少年の顔色を最侵先する。その上で壁の黄色がイメージ通りになるように調整する。彩度は上げるが、色濃くなりすぎないように注意をする。コントラストはやや強くする。

NOTE
このスマイルマークを見た瞬問に、当時坊主頭だった息子をこの前で撮ろうと思った。息子にはスマイルマークと同じように笑う指示をしたが、反抗期でこのような顔になってしまった。面白い壁や看板を撮る時には人や動物など、何かを加えるとカッコよくなると思う。


カッコいいスナップ写真の撮り方

著者プロフィール

野寺治孝

1958年千葉県浦安市生まれ。写真家。海や日常風景の周りに漂う空気感や自然光を活かした撮影に定評があり多くのファンを持つ。主な仕事に松任谷由実のコンサートパンフレットとCD ジャケット、丸の内カレンダー(三菱地所・伊東屋)、サマーグリーティング切手2015 、2016年(日本郵便)などの撮影を手掛ける。その他雑誌、写真展、講演、写真集など多数。
ウェブサイト:http://www.nodera.jp/

関連記事