大賞には「LEICA Q」マップカメラが「Leica スマイル フォトコンテスト」を開催中

Map Camera(マップカメラ)は「Leica スマイル フォトコンテスト」を開催している。募集テーマはライカ製ボディやレンズを使って撮影された「笑顔になる写真」。応募は写真共有サイトEVERYBODY×PHOTOGRAPHER.comから投稿する。選考にはゲスト審査員としてライカを愛用するフォトグラファーである斎藤 巧一郎氏、ハービー・山口氏、佐藤 健寿氏の3名が参加。大賞のBest Smile賞には、「LEICA Q チタングレー」が授与される。

 

<募集概要>
Leica スマイル フォトコンテスト

テーマ:「笑顔になる写真」
※ライカ製ボディやレンズを使って撮影された作品

募集期間:2019年2月1日(金)~2月28日(木)
エントリー方法:「EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)」から投稿する。
※投稿時に「カテゴリ追加」ボタンから「2019 LEICA Smile フォトコンテスト」を選択。
主催:マップカメラ
後援:ライカカメラジャパン株式会社

 

Best Smile賞:1名様 LEICA Q チタングレー

「ライカQ」のカラーバリエーションモデル。トップカバー、ベースプレート、背面にチタングレーペイントを施し、レンズの距離指標と焦点距離表記を赤で刻印した特別感のあるコンパクトデジタルカメラ。

Photographer賞:3名様 JAY TSUJIMURAオリジナルレリーズボタンorシューカバー
ジュエリーデザイナーJAY TSUJIMURAのワイルドかつエレガントなデザインのオリジナルレリーズボタンまたは、シューカバーとゲスト審査フォトグラファーの講評。
※賞品のお届けは連絡の際に仕様確認後、受注生産(2か月ほどかかります)

LEICA賞:3名様 ARTISAN&ARTIST*製 LEICA別注キャリングバック

LEICA Boutique賞:10名様 「ノクチルックス M50mm F0.95 ASPH.」をモチーフとしたマグカップ

選考方法:マップカメラスタッフとゲスト審査員としてライカを愛用する3人のフォトグラファーが選考。
受賞作品はEVERYBODY×PHOTOGRAHER.comとTwitter・Facebookにて3月下旬に発表。

ゲスト審査員:
斎藤 巧一郎、ハービー・山口、佐藤 健寿(敬称略・順不同)

 


<同時開催中のフォトコンテスト>

また、同時に「光フォトコンテスト」も開催中。光芒やイルミネーションなど光表現のゆたかな写真を募集している。応募は「Leica スマイル フォトコンテスト」と同じくEVERYBODY×PHOTOGRAPHER.comより投稿する。大賞・副賞の他、前日の投稿作品の中から毎日1枚が選考され、受賞者にはマップカメラで利用できるシュッピンポイントが授与される。こちらは何回でも投稿できるので、毎日参加することも可能だ。

条件が合えば「2019 Leica Smile フォトコンテスト」「光フォトコンテスト」と1投稿で同時に応募できる。どちらも応募期間は2月28日(木)までとなっている。

<募集概要>
光フォトコンテスト

テーマ:光表現のゆたかな写真作品
募集期間:2019年2月1日(金)~2月28日(木)

エントリー方法:「EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)」から投稿
※何回でも投稿可

選考方法:受賞作品はEVERYBODY×PHOTOGRAHER.comとTwitter・Facebookで3月上旬に発表。

大賞:1作品(1万円分シュッピンポイント贈呈)
副賞:1作品(5千円分シュッピンポイント贈呈)
他、毎日1枚が選考された受賞者にはマップカメラで利用できる1,000シュッピンポイントが授与。


関連記事