展覧会「台湾写真表現の今〈Inside / Outside〉」東京藝術大学大学美術館

(C)吳政璋 Wu Cheng-Chang (台西 2009)

台湾で制作発表する1960年代以降生まれで、あまり日本では紹介される事が少なかった写真家8名による展覧会「台湾写真表現の今〈Inside / Outside〉」が東京藝術大学大学美術館で開催される。会期は2018年9月14日(金)~9月29日(土)。入場無料。

グローバル化した社会の中でアジアの国として均質化したようでありながら、細部を見ていけば日本との違いも多く、台湾独特の世界観が見えてくる。Inside / Outsideというサブタイトルのように、台湾の町並みや風土をテーマとして、社会や自身を見つめる作家と、自身の内部に根ざし、そこから社会に照らし返すような作業をする作家によって、現代台湾の独特な状況や、また グローバルな普遍性を探る展示となる。

また、会期中の9月15日(土)に展覧会のシンポジウムも開催。入場無料、先着順。

(C) 趙炳文 Chao Bin-Wen(091-2016 三星)
(C)許曉䉠 Hee Siow-Wey(Mooncave04 蘭蝶洞)

 

<展覧会情報>
台湾写真表現の今〈Inside / Outside〉
会場:東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
https://www.geidai.ac.jp/museum/
住所:東京都台東区上野公園12-8
会 期:2018年9月14日(金)~9月29日(土)会期中無休
開館時間:10:00〜18:00(最終入場17:50)
入場料:無料

出品作家:
趙炳文(Chao Bin-Wen) / 楊欽盛(Yang Chin-Sheng) / 杜韻飛(Tou Yun-Fei) / 陳淑真(Chen Shu-Chen) /  邱國峻(Chiu Kuo-Chun) / 侯淑姿(Hou Lulu Shur-Tzy) / 吳政璋(Wu Cheng-Chang) / 許曉䉠(Hee Siow-Wey)
Co-キュレーター:邱奕堅(Chiu I-Chien)

主催:東京藝術大学、台湾文化部、芸術文化振興基金
企画:東京藝術大学美術学部
協力:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
後援:公益財団法人日本台湾交流協会、台東区
助成:公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
協賛:株式会社ニコン

問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

<シンポジウム>
テ-マ:台湾写真表現の今〈Inside / Outside〉
会場:東京藝術大学美術学部中央棟2F 第3講義室
日程:2018年9月15日(土)15:00〜17:00(開場は14:30)
入場料:無料
参加方法:定員180名 先着順


関連記事