大村祐里子の身近なものの撮り方辞典
第15回

「工具」はコントラストをつけて見せたいポイントを強調する

「身近なものを作品にする」大村祐里子さんの撮り方辞典、第15回のテーマは「工具」。金属の輝きや照り返しの色を作品として表現する際には、目立たせたい部分だけを強調する工夫が必要です。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

撮影のポイント

1. 工具の持つ「輝き」と「色」の強調だけを意識する。
2. 「 輝き」と「色」を際立たせるには、コントラストが重要になる。

富士フイルムFUJIFILM X100T f2 1/30秒 ISO1600 マルチ測光 WB: マニュアル RAW

自動車の修理工場に行った時、大きな引き出しの中に、車の修理に使うパーツがたくさん仕舞われているのを発見しました。横一列に並んだ円形のメタリックな輝きがきれいだと感じたので、そこを写したいと思いました。カメラの設定でコントラストを高くして、明るい部分と暗い部分の差をつけ、円形の輝きがより目立つように撮影しました。

心惹かれるポイントだけを強調

工具を撮影する時、私は必ず「いいな」と思ったポイントだけを強調するようにしています。その方が感じたことをより明確に伝えることができるからです。

振り返って考えてみると、自分が工具に対して「いいな」と思うポイントは、だいたい以下の2つです。それは「輝き」と「色」。ネジやボルトの硬質でメタリックな輝き、絡まったコードのカラフルな色合い、溜まった油の妖しげなレインボーカラーの反射…そうしたものにいつも心惹かれます。

コントラストをつけるのがコツ

工具の「輝き」と「色」をシンプルに表現するには「コントラスト」をハッキリとつけることが大切だと思っています。そうすると、光っている部分がより際立ち、目立たせたい色がより強調されるからです。まずはコントラストの高い場所での撮影が重要ですが、カメラの設定や、撮影後の現像で調整してもよいと思います。オリンパスのカメラに搭載されている、トーンカーブを液晶モニタで調整しながら撮影できる「ハイライト&シャドウコントロール」はとても便利です。

富士フイルム FUJIFILM X100T f2 1/125秒 ISO3200 マルチ測光 WB: マニュアル RAW

こちらも自動車の修理工場にて、何に使われているのかはまったくわからないのですが、何かの配線が複雑に絡み合っていました。黒っぽいコードの中に、ところどころ黄色や緑や紫といったカラフルなコードが覗いているのが可愛いと思いました。コントラストを高めて、そのカラフルなコードだけを強調してみました。

富士フイルム FUJIFILM X100T f2 1/50秒 ISO3200 マルチ測光 WB: マニュアル RAW

工場の床に散らばった工具や、何かのパーツを撮影しました。影になっている部分から明るい方へ向かって、工具やパーツが散らばっていて、その奥行き感がいいなと感じました。そこで、絞りを開放にして、ピントは手前に合わせ、画面の奥に向かって工具がぼけていくように写しています。

オリンパスOLYMPUS PEN-F M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 f1.8 1/20秒 ISO3200 324分割デジタルESP測光 WB: マニュアル RAW

工場にて、アルミの容器に入った油のようなものが、虹色に光っているのを見つけました。CGかと思うくらいにカラフルで綺麗だったので、思わずシャッターを切りました。油面の色を強調するため、カメラの設定で彩度を高くしました。


「大村祐里子の身近なものの撮り方辞典」はフォトテクニックデジタルで連載中です

<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトに飛びます

フォトテクニックデジタル 2018年9月号

 

著者プロフィール

大村 祐里子


(おおむら・ゆりこ)

1983年東京都生まれ
ハーベストタイム所属。雑誌、書籍、俳優、タレント、アーティスト写真の撮影など、さまざまなジャンルで活動中。雑誌連載:『フォトテクニックデジタル』にて「身近なものの撮り方辞典」を連載中。

ウェブサイト:YURIKO OMURA
ブログ:シャッターガール
Twitter:@Holy_Garden

 

<ワークショップ情報>

CAMERA fan ワークショップ Vol.7開催 参加者募集中
『トーキョー・スナップシュート F1.2で撮る世界』

玄光社のCAMERA fanは、2018年9月16日(日)と10月28日(日)に、オリンパスのF1.2大口径単焦点シリーズとPEN-Fでスナップショットを撮るワークショップを開催します。

第1回 9月16日(日)は、赤城耕一氏を講師に迎えて、PEN-Fのモノクロプロファイルコントロール機能とF1.2大口径のプロレンズを活かして、下町浅草の街を撮ります。

第2回 10月28日(日)は、大村祐里子氏を講師に迎えて、PEN-Fのカラープロファイルコントロール機能などの色調整とプロレンズを活かして、都内の自然風景を撮ります。

参加者にはオリンパス PEN-Fと、単焦点プロレンズシリーズをお貸し出しいたします。


関連記事