手帳事典
第7回

毎日の記録を詳細に残して子育てに役立てる「マスタープラン A5 バーチカルタイプ(ユナイテッドビーズ)」

世に手帳は数多ありますが、自分に合った手帳にめぐりあうのはなかなか難しいもの。自分一人でその判断をするにしても、いろいろな手帳を実際に使ってみなければ、勘所が掴みにくいのが常でしょう。

手帳事典 2019」では、自分に合った手帳を見つけ、使いこなすためのヒントを多数収録しています。全102種類の手帳を目的や方向性ごとにカテゴライズし、手帳の種類から選び方、おすすめの手帳へ読者を導く診断チャートや、使用事例まで完備。「手帳を使う」とはどういうことか、そして手帳を使いこなすにはまずどうしたらいいのか、という疑問に答える一冊となっています。

本記事では、1日のログを残すのに向いている「マスタープラン A5 バーチカルタイプ」をご紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

マスタープラン A5 バーチカルタイプ(ユナイテッドビーズ)

1日をまるごと記録できる24時間バーチカル手帳
  • 土日均等のデザイン
  • 6時スタートの24時間バーチカル
  • 土日の色分けも綺麗
  • ガントチャートなど他のコンテンツも多彩
  • H216×W152mm

ログに最適な美しい24時間バーチカル手帳

ウィークリーページが24時間バーチカル、土日均等の流行のデザインで、ログを取ることに重点を置いています。2019年版は3ヵ月カレンダーが左に移動し、インデックスも追加されてページへのアクセス性が向上しました。

習慣作りのためのビジュアライザというガントチャート風のページや、目標を忘れないための100行リストというページがあり、なりたい自分になるための仕掛けが配置されています。時間軸を縦割りにできるドットや、土日の色分けも行われ、全体的にグレードアップしています。

マンスリーページも6週対応で、折りたたまれる日付もなく、整ったデザインの印象を受けます。

Techo Data

商品名:マスタープラン A5 バーチカルタイプ
メーカー名:ユナイテッドビーズ
価格:1800円
総ページ数:192ページ
厚さ/重さ:10mm / 344g
インデックス:あり
サイズバリエーション:A6サイズ
綴じ方:糸かがり並製本
しおり紐:2本

Color Variation

(左から)ブラック、レッド、ネイビー

Series Variation

月間ページ/付録が同体裁のマンスリータイプもあり。サイズはA6、B6、A5 サイズ(A5 はリフィルのみ発売)。

目次

002 – 2年分カレンダー(1)
003 – 四半期カレンダー 1(2018年10月~2019年12月)
008 – 年間計画表(2018年10月~ 2019年12月)(2)
010 – ガントチャート(フリー記入式)(3)
012 – 100 行リスト(フリー記入式)(4)
014 – 月間ブロック(2018年10月~2019年12月)(5)
044 – 週間バーチカル(2018年10月~2019年12月)
176 – 横罫メモページ
182 – 方眼メモページ
190 – 年齢早見表・度量衡&サイズ換算表
192 – パーソナルデータ

1. 2年分カレンダーと四半期カレンダー

2年が1ページに一覧できるカレンダーと3ヵ月が1 ページになった四半期カレンダー。四半期カレンダーの各月の下には大きなメモ欄があり、目標、予定などさまざまに書き込める。

2. 土日祝日が見やすい年間計画表

見開き12ヵ月の計画表。土日が青と赤に色分けされており、一瞥にわかりやすい。すべての日にち、曜日も書かれている。

3. フリー記入式のガントチャート

月、内容ともに好きに記入できる記入式のガントチャート。見開きで、縦の21行を区切って上下違う月のものとして複数月使うことも可能。

4. チェックマスつき100行リスト

フリー記入式の100行リスト。目標までのタスクリストや、読みたいものリスト、行いたいことリストなど使い方は多様。

5. 土日均等の月間ブロック

土日、祝日が青と赤で色分けされ、日付マスもメインと下2行でできた月間ブロック。予定と詳細に分けて記入するなど使いやすい。

How To Use

24時間を管理できるバーチカルは、自分の予定だけでなく、子どもの育児管理手帳などにぴったり。

この週にやりたいことをピックアップ

ウィークリー左にあるメモ欄は、タスクをふせんに書き込み貼りつければ、できない場合は次週に移動も可能となる。

土日均等を活かしてログスペースとしてSS活用

24時間バーチカルは、その特性を活かしてログを取るのに活用できる。使用事例は生まれた子どものログ。カラーペンで項目を示し、タイミングはアイコンを使って残すと見やすい。

3ヵ月分のミニカレンダー

該当の週が枠で囲まれた3ヵ月分のカレンダー。少し先の予定を想像するのに便利。

予定を伝える日にちマス

バーチカル欄をログ管理に使い、日にちマスに予定を書き入れるように使うことは可能。

下部に5行書き込めるフリースペース

その日の日記を記入するなど、バーチカル欄に書ききれない項目を書くのに便利。

バーチカルにカラーペンで枠を書く

決まった色のペンで時間を四角に囲み、時間を明確にする。使用事例では、確定した外出する時間を見やすくしている。


手帳事典 2019

著者プロフィール

荒川 翔太


(あらかわ・しょうた)

関西手帳研究会(てちょけん)会長。株式会社ロンド工房クリエイティブディレクター。革小物ブランドdünn代表。関西発ベンチャーメーカーユニット「K3」事務局長。Podcast「ホジラジ」ナビゲーター。

大阪市出身、関西大学社会学部卒。音楽関連会社、手帳メーカーにて勤務後、2011年より家業の町工場の中でメーカー事業を社内起業。皮革製品や紙製品、手帳などの雑貨、文具の企画、デザイン、営業などをほぼ一人でスタートさせる。

イベントやオフ会活動などを積極的に主催し、ユーザー共創型のものづくりを行っている。

書籍(玄光社):「手帳事典 2018」「手帳事典 2019


関連記事