カメラ専門店 マップカメラ 2021年10月の新品・中古デジカメ売上ランキング

シュッピン株式会社は、カメラ専門店「マップカメラ」のECサイトと店頭での販売における2021年10月1日~10月31日の新品・中古デジタルカメラ売上ランキングを発表した。

新品デジタルカメラ販売ランキング

1位: リコー GR IIIx
2位: ニコン Z fc
3位: キヤノン EOS R6
4位: ソニー VLOGCAM ZV-E10
5位: キヤノン EOS RP
6位: ソニー FX3
7位: 富士フイルム X-E4
8位: キヤノン EOS R5
9位: 富士フイルム GFX 50S II
10位:ニコン Z6 II

10月1日発売のリコー GR IIIxが、2位に大きく差をつけての首位となった。これまでの「GRシリーズ =広角28mm相当の画角」という、ファンの間でも固定化されていたイメージを覆す、35mm判換算40mm相当のレンズを搭載したリコー渾身作。従来のGRファンだけでなく、気軽に高画質のスナップ撮影を楽しみたい方にも注目の1台である。
キヤノンはEOS Rシリーズの3機種がランクインを果たし、安定して上位をキープした。

1位: RICOH GR IIIx

2位: ニコン Z fc

3位: キヤノン EOS R6

中古デジタルカメラ販売ランキング

1位:ソニー α7III
2位:キヤノン EOS 5D Mark III
3位:ソニー α7II
4位:ソニー α6400
5位:富士フイルム X100V
5位:キヤノン EOS RP
7位:キヤノン EOS R6
8位:富士フイルム X-T4
9位:富士フイルム X-S10
10位:ソニー α7RII

ソニー4機種、キヤノン3機種、富士フイルム3機種と3メーカーが分け合った形となった。
ソニーは、1位α7IIIを筆頭に、ソニーα7シリーズ4機種がランクイン。
前回6位のキヤノン EOS 5D Mark IIIが、2位に順位を上げたが、一眼レフ機では、この1機種のみがランクインとなった。
富士フイルムはX100VやX-T4は新品在庫も潤沢だったが、「Halloween SALE」により価格差が大きくなった中古に人気が集まったようだ。

1位:ソニー α7III

2位:キヤノン EOS 5D Mark III

3位:ソニー α7II

情報提供:マップカメラ
https://www.mapcamera.com

関連記事