「Photo EDGE Tokyo 2019」プロフェッショナルのための写真&映像展示会を10月25日に開催

写真・映像業界のプロフェッショナルのためのイベント「Photo EDGE Tokyo」。4回目となる今回は、フォトグラファーの専門誌「コマーシャル・フォト」と映像制作の専門誌「ビデオサロン」の共同主催による、写真・映像の総合イベントへとリニューアルした。

最前線で活躍するクリエイターによる講演、最新機材の展示コーナー、協賛各社によるセミナーなど、プロのための学びの場を提供すると共に、夕方からは懇親会も開催する。

参加費は無料でWEBからの事前登録制。「コマーシャル・フォトセミナー」「ビデオサロンセミナー」は定員制となっており、聴講希望者は事前にWEBから参加申し込みを行う。

各セミナーのスケジュールと内容は、Photo EDGE Tokyo 2019 特設Webサイト(https://www.genkosha.co.jp/edge/)にて発表している。

【Photo EDGE Tokyo 2019 概要】

●対象:
プロのフォトグラファー、ビデオグラファー、写真&映像業界で働くプロ、およびプロの仕事に関心のある人

●日時:
2019年10月25日(金) 12:00-20:30(受付開始12:00)
展示会 12:00-18:55 / セミナー 12:30-18:45 / 懇親会 19:00-20:30

●会場:
ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス (浅草橋)
東京都台東区浅草橋 1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル
http://hulic-hall.com/access/

●参加費:
無料・事前登録制

●参加登録Webサイト:
https://www.genkosha.co.jp/edge/

●主催:
玄光社 「コマーシャル・フォト」「ビデオサロン」

●後援:
日本広告写真家協会 / 日本映像スタジオ協会 / 日本REPエージェンシー協会

●協賛:
IFOOTAGE / アドビ システムズ / ワコム / ATOMOS / 大塚商会 / カールツァイス / キヤノンマーケティングジャパン / シグマ / ZHIYUN / セコニック / ソニーマーケティング / ニコンイメージングジャパン / ハッセルブラッド・ジャパン / パナソニック / ピクトリコ / フェーズワンジャパン / DNPフォトイメージングジャパン / 富士フイルム / Blinky / ブラックマジックデザイン / プロフォト / ブロンカラー / ベンキュージャパン / ライカカメラジャパン / Loupedeck *五十音順


コマーシャル・フォト セミナー

会場:3階 カンファレンスルーム

コマーシャル・フォト編集部が企画するセミナーです。ブツ撮りをテーマにした「ライティングセッション」 iPad Proを仕事で使いこなすための「iPadセッション」、トーンカーブの基本を学べる「レタッチセッション」の3つを用意しました。

 

ライティングセッション
格好良い、美しい、面白い、物撮影のテクニック
13:35 – 14:25

コマーシャル・フォトとPICTURESにて連載中の物撮り企画「Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-」。本連載をテーマにした物撮影の魅力とテクニックを紹介するセミナー。筆者である南雲暁彦氏による、これまでの掲載作品の解説や、実際の撮影セットを使用したフォトセッションも実施。フォトグラファー自らがビジュアル提案を行なうためのアイデアを伝えます。

南雲暁彦(なぐも・あきひこ)
フォトグラファー
1970年神奈川県生まれ。幼少期をブラジル・サンパウロで育つ。日本大学芸術学部写真学科卒業。凸版印刷(株)TICビジュアルクリエイティブ部 チーフフォトグラファー。「匠」エキスパートクリエイター。コマーシャルフォトを中心に映像制作、執筆、セミナー講師なども行う。海外ロケを得意とし、世界300以上の都市で撮影実績を持つ。APA広告年鑑、全国カタログ・ポスター展グランプリなど国内外で受賞歴多数。APA会員。知的財産管理技能士。長岡造形大学非常勤講師。

 


iPadセッション
iPad Proをクリエイティブワークで使いこなす
15:45 – 16:35

iPad Proはすでにパソコン並みの性能を誇っていますが、専用OS「iPadOS」のリリースや、Macとの連携強化など、iPad Proを仕事で使える環境が整ってきました。そこで、Macの外部ディスプレイとしての使い方、液晶タブレットとしての使い心地、適正な色味で表示するテクニック、写真の仕事で使えるアプリなど、iPad Proをクリエイティブワークで使いこなすノウハウを紹介します。

小島勉(こじま・つとむ)
プリンティングディレクター
株式会社トッパングラフィックコミュニケーションズ所属。インクジェットによるアートプリント制作 (プリマグラフィ) のチーフディレクター。写真作品、イラスト作品、文化財の複製・復元など、様々なジャンルのアート表現に携わっている。2017年からiPad Proを活用した業務の効率化に取り組んでおり、プロフォトグラファーのための情報サイト “Shuffle” にて「iPad Proをクリエイティブワークで使いこなす」 を連載中。

 


レタッチセッション
フォトグラファーのためのトーンカーブの極意
17:55 – 18:45

トーンカーブはPhotoshopの基本中の基本とも言えるツールですが、単なる色調の補正・修正に使うだけでは宝の持ちぐされです。もっと積極的にトーンカーブを使いこなすことで、自分の個性を生かした色作り、トーン作りが可能になります。自分好みの絵作りをするためのトーンカーブの極意を、プロのレタッチャーである畠山祐二氏と林夏菜氏が解説します。

畠山祐二(はたけやま・ゆうじ)
レタッチャー/博報堂プロダクツ
1981年秋田県生まれ。2004年(株)博報堂フォトクリエイティブ(現:博報堂プロダクツ)にレタッチャーとして入社。主な受賞歴:カンヌライオンズゴールド、広告電通賞最優秀賞、交通広告グランプリ、ADC賞、APAアワード経済産業大臣賞、その他。
林夏菜(はやし・かな)
レタッチャー/博報堂プロダクツ
1991年 愛知県生まれ。 東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。2014年 博報堂プロダクツ所属。 ジュエリーやビューティレタッチを得意とする。

 

●参加登録Webサイト:
https://www.genkosha.co.jp/edge/


ポートフォリオレビュー

会場:3階 カンファレンスルーム
15:30 – 18:30

プロフォトグラファーを対象にしたポートフォリオレビューです。レビュアーを務めるのは、広告・ファッション業界のREPエージェンシー3社の代表者と『コマーシャル・フォト』編集長の4名。「仕事や作品の見せ方はこれでいいのか」「これまで撮ってきた写真を仕事にどう活かせばいいのか」など、プロとしての活動に役立つアドバイスや講評を行います。

ポートフォリオレビューへの応募は下記フォームより申し込み ※事前審査あり/無料
https://eventweb.jp/photoedge/portfolio/

鈴木 仁(すずき・ひとし)
株式会社エス・フォーティーン 代表取締役/一般社団法人日本REPエージェンシー協会(JRAA)代表理事
2000年Guun’sにてクリエイターセクション設立、2008年独立し、株式会社エス・フォーティーン設立。2010年JRAA設立、代表理事に就任。2012年代表理事を退任、理事に就任。2018年JRAA代表理事に就任。
緒方誠一(おがた・せいいち)
有限会社D-CORD代表取締役/一般社団法人 日本REPエージェンシー協会(JRAA) 副理事長
フリーランスのヘアーメイクとして活動を経て、1994年 有限会社ディーコード設立。現在は撮影コーディネータープロデューサーとしても活動。キャスティングプロダクション業務等数多く手掛ける。
伏見行介(ふしみ・ゆきすけ)
株式会社マッシュ、マッシュマネージメント代表/一般社団法人日本REPエージェンシー協会会員。APA, JPS会員
大学在学中よりフォトグラファーのアシスタントを経て、フリーランスフォトグラファーに。その後、広告写真制作プロダクション(株)マッシュを設立。主に広告、販促系の写真を撮影。2009年クリエーターのマネージメント事務所マッシュマネージメント設立。フォトディレクター、フォトグラファーとして活動中。
出町尚美(でまち・なおみ)
『コマーシャル・フォト』編集長
1982年青森市生まれ。イラストレーション専門誌を経て、2011年より『コマーシャル・フォト』編集部、2019年編集長に就任。

 

●参加登録Webサイト:
https://www.genkosha.co.jp/edge/


ビデオサロン セミナー

会場:3階 カンファレンスルーム

ビデオサロン編集部が企画するセミナーです。グレーディングと編集の「ワークフローセッション」、空撮の許可申請について解説する「ドローンセッション」、ジンバル撮影のシステムを紹介する「ジンバルセッション」の3つを用意しました。

 

ワークフローセッション
クオリティと効率をアップする!カラーグレーディング&編集ワークフロー
12:30 – 13:20

デジタル一眼カメラの動画機能の向上で、従来のプロだけではなく、他業種からも参入が相次ぎ、多くの人が映像を作る時代になってきました。しかもグレーディングを含めたルック調整が重要になっています。そうした中、一歩先行くクオリティアップをするには? できるだけムダを省いた制作で効率アップをするには? ノウハウと機材全般を絡めたワークフローを紹介します。

林和哉(はやし・かずや)
株式会社フロンティア 映像事業室長
撮影・編集・合成・脚本など多岐に亘る知識と、撮る側/撮られる側の心理差を把握した演出で、独自の世界観を表現。2014年より、東映テレビ・プロダクションのテクニカルコンダクターとして、ワークフロー設計、ルックデベロップメントを行なう。映像専門誌での執筆や、専門学校や各種セミナーでの後進育成にも積極的で、講師経験も豊富。

 


ドローンセッション
ドローン撮影許可申請の実例を解説 空撮のフィールドに立つ前に
14:40 – 15:30

東京湾で開催されたavex主催の花火エンターテインメント「STAR ISLAND」では、国土交通省東京航空局(航空法)、東京海上保安部(港則法)、東京港管理事務所(港則法、東京都港湾管理条例)の3つの機関に申請・届け出を行い実施しました。そこでの撮影の模様や撮影に至るまでの申請や書類の準備などについて解説。被写体として人気のある鉄道や桜などのロケーションでの撮影許可申請についても紹介していきます。

古賀心太郎(こが・しんたろう)
プロデューサー、ドローングラファー / 株式会社アマナビ 空撮チーム「airvision」所属
airvisionのコンプライアンス担当。難易度の高い飛行申請も確実に解決し、多くのTVCMや映画、ミュージックビデオなどの空撮ショットを手がける。学生時代は航空宇宙工学を専攻、大学卒業後に自動車メーカーで設計業務に携わった経験から機体の組立てなども行う。語学力を活かして海外でのドローン撮影もこなす。
「ぺトラ遺跡博物館プロジェクト」サイネージ

ゆず「マボロシ」Music Vi

「STAR ISLAND 2018」PV

Mavic 2 Proレビュー「紅葉ライティング」


ジンバルセッション
ジンバル撮影のためのシステム構築とカメラワーク
16:50 – 17:40

今や映像表現に欠かせないのがジンバル・スタビライザーを利用した撮影。デジタル一眼や小型のシネマカメラと組み合わせて使うワンハンドタイプのジンバルの代表的機種を取り上げて、カメラとのセッティングや、フォーカスを送り、モニタリングするためのシステム構築を実機で紹介します。ビデオグラファーによる効果的なカメラワークの実例や使いこなしを映像で見せていきます。
※セミナー後、ハンズオンの時間を設けています。

鶴田大輔(つるた・だいすけ)
フジヤエービック
在学中に作曲家としてメジャーデビュー。90年代後半より、VJユニットecranを率いて国内外のクラブやイベント、ショーを演出。2003年にはソロ活動を開始。動画・音楽のコンテンツ作成からパフォーマンス、空間演出を手掛け、活動範囲は世界的企業のプロモーション、ファッション、映画、コンサートにも及ぶ。2017年にフジヤエービックに入社、現在は同社セールスプロモーションを担当。
由井友彬(ゆい・ともあき)
映像作家
東京生まれ、石川県金沢市育ち。元々は美容師を志して18歳の時に上京し、美容関係の学校に通った後、3年間、都内美容室に勤務。その後、4年生大学に入学し哲学を専攻、アメリカに留学する。留学中のアメリカで映像の仕事を開始。2017年8月に帰国し、現在は東京を拠点にフリーランスの映像作家として活動中。

 

Discover the World of Real “Wasabi”.
(撮影・編集:由井友彬)

【H.I.S. 旅とワイン】ナパ・バレーへの旅
(撮影・編集:由井友彬)

●参加登録Webサイト:
https://www.genkosha.co.jp/edge/


協賛社セミナー

会場:2階 ホワイエ

Photo EDGE Tokyo 2019 の協賛各社によるセミナー。最新のプロフェッショナル向け製品、サービスについてのプレゼンテーションや、様々なフォトグラファーによるユーザーの立場からのセミナーを予定している 。詳細はPhoto EDGE Tokyo 公式サイトにて。

プロフォトセッション
12:30 – 13:10

決まり次第、公開。

カールツァイスセッション
13:30 – 14:10

決まり次第、公開。

ライカカメラジャパンセッション
ライカカメラ社レンズ開発責任者が語るライカSLレンズの魅力
14:30 – 15:10

ドイツ・ライカカメラ本社のレンズ開発・設計部門の責任者が来日し、170年に渡り受け継がれてきたライカのレンズづくりに対するこだわりと、それを存分に活かしながら現代のテクノロジーでさらに高性能化されたプロフェッショナル仕様のライカSLレンズの特長についてお話しいたします。

 

Peter Karbe(ピーター・カルベ)
ライカカメラ社 光学開発部門 部門長
フォトグラファー、フォトエンジニア、ライカマイクロシステムズ社光学設計者などの経験を経て1992年よりライカカメラ社光学開発部門で開発設計者として数々の名レンズを世に送りだしている。

 


富士フイルムセッション
中判デジタルカメラの常識を覆す機動力 !  1億画素のラージフォーマットカメラ「GFX100」が実現するこれからの広告写真
15:30 – 16:10

ファッション、コマーシャルのフィールドで活躍する写真家 皆川聡氏が、広告写真の世界に新風を巻き起こす1億画素のラージフォーマットデジタルカメラ「GFX100」の魅力を語ります。

 

皆川聡(みなかわ さとし)
フォトグラファー
東京生まれ。1990年に渡米し、The Art Institute of Colorado写真学科を卒業。フリーのアシスタントとして写真家Norbert SchoernerやStefan Ruizの撮影サポートを経験。1999年にフリーカメラマンとして独立を果たした。2005年の渡英では大学院で学びつつ、広告を中心にヨーロッパで活動。2012年に帰国。現在は東京を拠点にヨーロッパ、アジアなど国内外で活動中。躍動感あふれる作風を中心に、広告やエディトリアルなど幅広い分野を手がける。


キヤノンマーケティングジャパンセッション
EOS R MOVIE
16:30 – 17:10
決まり次第、公開。

ブラックマジックデザインセッション
17:00 – 17:40
決まり次第、公開。

●参加登録Webサイト:
https://www.genkosha.co.jp/edge/


関連記事