ハービー・山口写真展「時間(とき)のアトラス」ライカギャラリー京都

2019年2月23日(土)〜5月23日(木) ライカギャラリー京都

写真家・ハービー・山口氏の写真展「時間(とき)のアトラス」がライカギャラリー京都にて開催される。会期は2019年2月23日(土)〜5月23日(木)まで。

写真家として50周年を迎えるハービー・山口氏がこれまでに世界各地で捉えた数々の作品群から、国や時代は異なれども構図や被写体が相似する2枚の写真を選び出し、1対の組作品として完成させた、彼の50年間の集大成ともいえる作品展となる。

(写真展リリースより)
幸せそうな人や、美しい人々や光景の写真を撮ることで、
僕自身が救われてきたけれど、
今、そうした写真で誰かを救えたらなと思います。
(ハービー・山口)

プロフィール:ハービー・山口
1950年、東京都出身。中学2年生で写真部に入る。
大学卒業後の1973年にロンドンに渡り10年間を過ごす。
一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウエーブのムーブメントに遭遇し、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価された。
帰国後も著名アーティストとのコラボレーションなどの傍ら、常に市井の人々にカメラを向け続け、
多くの作品をモノクロームの、スナップ・ポートレイトというスタイルで残している。
その優しく清楚な作風を好むファンは多く、「人間の希望を撮りたい」「人が人を好きになる様な写真を撮りたい」というテーマは、中学時代から現在に至るまでぶれることなく現在も進行中である。
2011年度日本写真協会賞作家賞。
ライカ100年記念展「Eyes Wide Open! 100 Years of Leica Photography」には、過去100年に遡り世界から選出された140名の写真家の一人として参加した。
現在大阪芸術大学、九州産業大学客員教授。

<写真展情報>
ハービー・山口写真展「時間(とき)のアトラス」
会場 :ライカギャラリー京都 (ライカ京都店2F)
京都市東山区祇園町南側570-120
Tel. 075-532-0320
会期:2019年2月23日(土)〜5月23日(木)
開館時間:11:00〜19:00 火曜日〜日曜日
入場料:無料

 


 


雲の上はいつも青空 Scene2


関連記事