大竹省二写真展「ある写真家のアンソロジー」

2018年8月29日〜9月22日 KKAG(Kiyoyuki Kuwabara Accounting Gallery)

(C)SHOJI OTAKE

写真家、故・大竹省二の写真展「ある写真家のアンソロジー Printed by his daughter」が東京・神田にあるギャラリーKKAGにて開催。会期は2018年8月29日(水)〜9月22日(土)まで。

長年の写真家人生を通じてレンズの個性と特徴を研究し独自の表現を探求していた大竹省二の世界を紹介する写真展。
「アサヒカメラ」誌上で1998年より12年間にわたり連載された「大竹省二のレンズ観相学」の中から抜粋された20余点を、長女である大竹あゆみさんによって制作されたプリントにて展示する。

また、会期中の9月15日(土)には本写真展の企画者である写真史家・打林俊氏と大竹あゆみさんによるトークイベントも開催される。

<写真展情報>
大竹省二「ある写真家のアンソロジー Printed by his daughter」
会場 :KKAG(Kiyoyuki Kuwabara Accounting Gallery)
http://kkag.jp/
会期:2018年8月29日(水)〜9月22日(土)
住所:東京都千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル405 桑原清幸会計事務所内
開廊時間:15:00〜21:00(水・木・金・土) ※展覧会会期中のみ開廊
休廊日:日・月・火
入場料:無料

<トークイベント>
出演:打林俊(写真史家) / 大竹あゆみ(SHOJI OTAKE PHOTOGRAPHY)
開催日:2018年9月15日(土)
時間:16:00~
入場料:¥1,000(ワンドリンク付)


関連記事