PERFECT PHOTO RECIPES BOOK
第4回

手と花を組み合わせることでストーリーを生み出す

SNSや写真投稿サイトなどでは、上手な写真が溢れています。しかし、その中で作者の個性が光って、思いが伝わる「面白い写真」はどれだけあるでしょうか。写真家の野寺治孝さんは、著書「PERFECT PHOTO RECIPES BOOK(パーフェクト・フォトレシピブック)」の中で、撮影者の感性を活かした「面白い写真」の撮り方をわかりやすく、レシピ風に解説しています。

本記事では、「手のひらに乗せたお花」の撮り方レシピをご紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

花に人の手が組み合わされることでストーリーが生まれる。

【タイトル】
手のひらの花

【難易度】
★★

【データ・機材・条件】

◯撮影場所:埼玉県・入間市のハウススタジオ
◯使用レンズ/撮影データ:50mm F1.4 1/500 秒 F1.4 絞り優先AE - 2/3 補正 ISO1600
◯使用機材/準備するもの:フルサイズデジタル一眼レフカメラ/レフ板
◯光の状態:曇天の斜光
◯構図/アングル:手と花を画面中央に/ややハイアングル

【撮り方】

◯被写体の発見:女性と花を絡ませたポートレートを撮影中、手の中の花を思いついた。
◯撮影方法:ピントは花に。絞りを開けて少しソフトな感じにする。レフ板で弱い光を返す。
◯注意点:手ブレ、ピンボケに注意する。
◯レタッチ方法:赤をやや下げる。彩度をやや下げる。コントラストをやや強く。

【ポイント】
大切なことは花を差し出す女性の「どうぞ」という囁きがイメージできる写真にすることだ。それを表現するには横や斜めからではなく、真正面から撮るのが一番伝わると思う。

 

 


<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトにジャンプします。

PERFECT PHOTO RECIPES BOOK

著者プロフィール

野寺治孝

1958年千葉県浦安市生まれ。写真家。海や日常風景の周りに漂う空気感や自然光を活かした撮影に定評があり多くのファンを持つ。主な仕事に松任谷由実のコンサートパンフレットとCD ジャケット、丸の内カレンダー(三菱地所・伊東屋)、サマーグリーティング切手2015 、2016年(日本郵便)などの撮影を手掛ける。その他雑誌、写真展、講演、写真集など多数。
ウェブサイト:http://www.nodera.jp/


関連記事