MOZU 超絶精密ジオラマワーク
第1回

本物と見分けがつかない!19歳の天才クリエイターが生み出す究極のリアルジオラマ

ジオラマアニメーターのMOZU氏は、すべて独学、手づくりでジオラマ作品やアニメーションを生み出している若干19歳の少年です。現実と見分けがつかないほどリアルな作品をTwitterで公開すると、たった一日で4万リツイート、5万いいね!を獲得し、 テレビ、ツイッター、雑誌で大注目を浴びています。

MOZU 超絶精密ジオラマワーク」(著・MOZU)では、彼の新作を含め、これまでに制作したジオラマ作品やコマ撮りアニメーション作品を紹介するとともに、制作方法や制作現場、道具、アイデアノートなども掲載し、各界から天才少年と呼ばれるMOZU氏を徹底解剖しています。

本記事では、ART WORK GARALLYより、MOZU氏の作品をご紹介します。これらの写真のなかに1枚だけ実物の部屋があります。みなさんにはどれかわかりますか?

 

MOZU ART WORK GARALLY

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、上の写真のどれが実物か分かりましたか?

実は最後の1点のみジオラマではない現実のMOZU氏の部屋の写真です。本人ですら見分けがつかなくなるというのも頷けますね。これらはMOZU氏が16歳から19歳の時につくった作品です。

 


MOZU 超絶精密ジオラマワーク

関連記事