狙った音をしっかり録る!音声収録の秘訣

「一眼で綺麗な画は撮れても、音が負けている場合が本当に多いんですね。綺麗な一眼動画だからこそ、音も負けないものを録りたところです」とセミナーなどでも常々語っている栁下隆之さん(LimeTec)が、「ビデオSALON2019年1月号」特集で、その実践ハウツーを公開しています。音声関連、マイクに関連する基礎知識から、実際に展開するシチュエーション(屋外・屋内)を想定しての各種手法まで解説。本記事ではその一部と、本誌連動動画をご紹介します。

ビデオSALON 2019年1月号

屋外で距離のある場合の音声収録

「見せマイク」OKのレポータースタイル

屋内での対談、インタビューシーン

ふたりの対談などはラベリアマイクの音声をワイヤレスで2波受けられるシステムがおすすめ方法。

などなど、各シチュエーションでどういうマイクシステムを使えば良いか、またその装着法まで紹介しています。下はショットガンマイクとラベリアマイクのワイヤレス受信で2つの音声を同時収録する、栁下さんの一番のオススメシステム。

◎背景の画と音との関係、音源との距離からくる音声結果(内蔵マイクや外部マイクの場合)ほか、いろいろな収録シチュエーションのマイクシステムとその音声収録結果を動画でご確認ください。

(撮影・収録・編集:栁下隆之、出演:倉本夏希)

【使用機材】
ソニー α7 Ⅲ + FE 24-105mm F4 G OSS
パナソニック GH5 + LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.
アツデン SMX-30、SGM-250CX
ソニー UWP-D11、URX-P03D、XLR-K2M
タスカム DR-10LW、DR-10X、DR-10SG
RODE  VideoMic Pro+、RODELink Newsshooter Kit、NTG4+
ZOOM F1-SP

ビデオSALON 2019年1月号

 


関連記事