手帳事典
第4回

ネットサービスのオリジナル手帳で必要な情報を自分専用に集約

手帳事典 2018」は、手帳ユーザー63人のプロフィールとともに活用事例を紹介し、一人ひとり異なる手帳の使い方を知ることができる書籍です。著者の荒川翔太さんは、スマートフォンが普及した現在においても手帳が選ばれる理由を「手帳に書かれていることが情報ではなく情緒だから」と話します。

日頃のスケジュールや体調の管理、ToDoや買い物リストを書き込むばかりでなく、映画の半券や写真を貼り付けたり、その日のファッションや食事内容をイラストで残すなど、手帳の使い方と運用ルールは十人十色。共通してアナログならではの工夫が施されており、まさにライフログと呼ぶにふさわしい、ユニークな活用事例の数々が紹介されています。読んでいるうちに手帳を使いたくなってきてしまう、そんな一冊に仕上がりました。

本記事では、オンライン手帳作製サービスを利用して自分専用デザインの手帳を活用している「A.O」さんの手帳をご紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

自分に必要なページだけを1冊に集約できる

ユーザー名:A.O 年齢:20代 性別:女性 仕事:会社員

A.OさんのKodawari:趣味のグルメや仕事のファッションの記録も1冊で管理できる手帳を自分でデザインしました

きっかけ

文房具イベントの時に試験販売の話をいただき、試させてもらうことに。

目的

これまでは趣味も仕事も家事も全部別のノートで管理。必要な機能だけを1冊にまとめて手軽にしたいという思いを達成させる。

ルール

・書き込むタイミングは夜/所要時間は30分
・外出は黒、家事は青で記入
・見返した時にワクワクする時間になるように、挿絵をたくさん描く

成果

・1冊で管理できるので荷物も軽くなり、ノートを行き来する手間も省けた
・1週間ごとに振り返る」という自分のライフスタイルに合った順番に並べてあるため、スケジュール管理がしやすくなった

Techo Data

商品名:ワタシメイド手帳
メーカー:ネットde 手帳工房/価格:5,400 円
サイズ:A5 /タテ210mm ×ヨコ148 mm
URL:https://techo-kobo.net
その他:紙色は茶色(表紙)、クリーム色(中紙)の2種類

「選ぶ」から「デザインする」へ。世界に1冊のオリジナル手帳

マンスリーが2組欲しい、誕生日や記念日をあらかじめ印刷したいなど、一人ひとりの要望に合わせてカスタマイズできるオリジナル手帳。凡用なA5 サイズでカバーはつけないなど、無駄を省いたつくりも特徴的。

手帳の主なコンテンツ

マンスリー

カレンダー型や一覧性など6種類のサンプルから選べる

ウィークリー

レフト型、バーチカル型など12種類のサンプルを用意

ワークシート

ToDoなど以外にも趣味に特化したサンプルが充実

情報ページ

歴代大相撲優勝力士などマニアックな情報も充実

その他

・レイアウトサンプル:約120種類
・手帳サンプル:約40種類など

Arakawa’s Recommend

綴じ手帳を1冊からつくることができるという画期的なサービス。自作のレイアウトをアップロードすることもできます。

1. 趣味をメインにしたいからサンプルからグルメ手帳をチョイス

ライフスタイルに合わせてサンプルを選ぶこともできるため、趣味というカテゴリーのなかから「グルメ手帳」を選択。大好きな料理のレシピページをフル活用して、予定などと一緒に管理。他にもワインリストなど便利なリフィルが盛りだくさん!

2. 入れたい情報やデザインも自分好みにカスタマイズ

材料は、「肉・魚」「野菜」「調味料」と3 つに分類できるように設定。そうすることで、家にある材料の確認がスムーズに。買いものに行かずにできるメニューや、足りない材料がすぐにわかるので、献立の組み立てがラクチン。

3. サンプルセットのマンスリーをウィークリーに変更

サンプルで選んだグルメ手帳にはマンスリーがセットになっていたため、ウィークリーのバーチカルに変更。サンプルページも自在に変更できるのが魅力的。バーチカルではプライベートの予定を管理。

3-a. 時間軸のスタートも自分で決められる

活動時間に合わせて8時から20時までのバーチカルデザインに。一番上は、その日の主な予定を記入するスペース。

4. 手書きのテンプレートに書いてアップロードもできる!

手書き用のテンプレートに書いたものもアップロードが可能なので、より自分らしい手帳にカスタマイズ。1週間のコーディネートができるイラストを描いたので、朝の忙しい時間に洋服選びで悩むことがなくなった。

4-a. 塗り絵をしながら色を組み合わせる

塗り絵のような感覚で色を塗りながら、全体のバランスを見る。今までにない組み合わせなども考えられるのがいい。

 


<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトにジャンプします。

手帳事典 2018
手帳事典 2019
2018年9月11日発売

著者プロフィール

荒川 翔太


(あらかわ・しょうた)

関西手帳研究会(てちょけん)会長。株式会社ロンド工房クリエイティブディレクター。革小物ブランドdünn代表。関西発ベンチャーメーカーユニット「K3」事務局長。Podcast「ホジラジ」ナビゲーター。

大阪市出身、関西大学社会学部卒。音楽関連会社、手帳メーカーにて勤務後、2011年より家業の町工場の中でメーカー事業を社内起業。皮革製品や紙製品、手帳などの雑貨、文具の企画、デザイン、営業などをほぼ一人でスタートさせる。

イベントやオフ会活動などを積極的に主催し、ユーザー共創型のものづくりを行っている。

書籍(玄光社):「手帳事典 2018」「手帳事典 2019


関連記事