メルヘンファンタジーな女の子のキャラデザ&作画テクニック
第2回

キャラが身につける「小物」で世界観を演出する

物語における女性キャラクター表現の中でも、ファンタジーの世界観を採用する実例は枚挙にいとまがありません。

メルヘンファンタジーな女の子のキャラデザ&作画テクニック」は、ファンタジックな要素を含んだ物語に登場する女性キャラクターのデザイン方法を伝える趣旨のテクニック集です。

本書のタイトルにある「メルヘンファンタジー」とは、「童話」や「寓話」を意味する「メルヘン」と、超自然的な存在が登場する「ファンタジー」をかけ合わせた世界観を表現する造語。本書では「童話」、「花」、「スイーツ」、「空」の4テーマをベースのモチーフとして、イメージカラーや元となるモチーフが持つ要素をデザインに落とし込み「メルヘンファンタジー」世界に生きる女の子キャラクターを形づくる技術を指南します。

100を超えるカラフルでキュートなキャラクター案は見ているだけでも楽しく、イラスト集としても楽しめる本書ですが、現代の服装を「メルヘンファンタジー」風にアレンジする手法や、表情の描き分け方、イラストの詳細なメイキングについても言及しており、イラスト技術を学ぶ実用書としても十分な強度を持っています。

本記事では、Chapter1「メルヘンファンタジー基礎知識」より、「メルヘンファンタジー」の定義についてお伝えします。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら
>本書に関連して、著者の佐倉おりこさんにお話を伺ったインタビュー記事はこちら

  • ツバの大きな帽子にフルーツをたくさんのせて爽やかな印象に
  • ビスケットの形をしたショルダーバッグをデザイン
  • (足元)イチゴ花を飾ったパンプス。かわいくて女の子らしい印象を出せます

お花や果物、マスコットなどを、アレンジやデフォルメしてからイラストに加えると、メルヘンファンタジーな雰囲気のデザインにすることができます。

お花・植物

お花や植物は、かわいい・ダークなど、様々なテーマに対応しやすいモチーフです。頭飾りや衣装に花柄を取り入れれば、メルヘンを表現できます。花言葉もデザインの参考に。

果物

果物は、イチゴやブドウ、レモンなど色鮮やかなものが多いので、衣装に取り入れるとインパクトがあります。爽やかさを演出したい時の衣装におすすめのモチーフです。

お菓子

お菓子はかわいいモチーフ。見た目のデザインが考えられていることが多いので、パッケージも含めて参考になります。甘い&ほんのりダークな雰囲気も演出できます。

マスコットキャラ

自分の絵柄に合いそうな動物をデフォルメし、マスコットとしてイラストに取り入れると、ファンシーな雰囲気が表現できます。複数だと、よりなごんだ感じになります。

デフォルメキャラ

デフォルメされたキャラクターと、等身大のキャラクターを組み合わせると、ファンタジーな世界観を作り出しやすくなります。妖精・小人・魔法で小さくなってしまった人など、設定を考えておくと、構図も想像しやすくなります。

ワンポイント

モチーフやテーマを選ぶとデザインしやすくなります

最初にモチーフやテーマを選ぶことによって、連想がしやすくなるのでアイデアの幅が広がります。例えば「ショートケーキ」なら「白い衣装」「イチゴの赤でアクセント」「甘くてやわらかい雰囲気」などだったり、「ヒマワリ」であれば「夏」「元気な女の子」「薄着の服」「ヒマワリの種」などです。


メルヘンファンタジーな女の子のキャラデザ&作画テクニック

著者プロフィール

佐倉おりこ

フリーランスのイラストレーター。メルヘンファンタジーな世界観を
よく描きます。児童向け書籍やキャラクターデザイン、ライトノベル
の挿絵、漫画、楽曲イラストなど幅広く活動しています。
Twitter:@sakura_oriko
ホームページ:https://www.sakuraoriko.com/


関連記事