大村祐里子の身近なものの撮り方辞典
第50回

人の描き方で変化する「道」の印象

ふだん写真は撮っているけれども、どうも納得できる写真が撮れない。そういう思いを抱く人は多いのではないでしょうか?写真家の大村祐里子さんは、フォトテクニックデジタルの連載「大村祐里子の身近なものの撮り方辞典」の中で、日常的な風景を独自の視点で見つめて写真作品をつくる方法を教えています。

「身近なものを作品にする」大村祐里子さんの撮り方辞典、第50回のテーマは「道」です。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

撮影のポイント

1. 目の前の道に、その時その場で感じた感覚や思いを重ねるように表現を工夫する。
2. 絞りを開けて、道に奥行感を出したり、スローシャッターで行き交う人々をぶらして撮ってみよう。

ソニーα7R II トキナーFíRIN 20mm F2 FE AF f2 1/400秒 ISO200 WB:マニュアル RAW

霧に包まれた、雨の森です。道を歩いている時、幻想的でいいなと思いシャッターを切りました。雨がひどく、レンズに水滴がついてしまいましたが、そのままの方が現場の雰囲気に近いかと思い、あえて拭きませんでした。

その場の感覚をそのまま表現

道を歩いていると、いろいろなことを感じます。「ああ、今日は暑いな」とか、「行き交う人々がせわしないな」とか。私は、いつも、そういったことを写真で表現したいなと思い、シャッターを切っています。雨で視界が悪い時は、あえてレンズについた水滴をそのままにしてモヤっとさせて撮りますし、暑くて日差しが強烈な日は、光と影がハッキリとわかるように撮ります。目の前の道をそのまま写し取るのではなく、自分の感覚に従って描き出してみてはいかがでしょうか。

絞りやシャッター速度で工夫

道を撮る時に意識しているのは2つ。1つ目は絞りです。絞りを開放にすれば、写真に奥行きが出て、立体的な雰囲気になります。道の長さや距離を表現したい時はそちらがよいでしょう。絞れば、隅々まできっちりと描き出されます。道の状況を詳細に説明したい場合はそうしましょう。2つ目は、シャッタースピードです。道を行き交う人々をうまい具合に流して撮りたい場合は、シャッタースピードを(1秒など)極端に遅くすると面白いです。

キヤノンEOS 5D Mark IV Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE f16 2秒 ISO100 WB:マニュアル RAW

交差点を歩く人々を、スローシャッターで撮影しました。たくさんの透明人間が歩いているようです。雑踏を行き交う顔のない人々…という、なんだか疲れた社会を代弁するような一枚になりました。

ソニーα7R II トキナーFíRIN 20mm F2 FE AF f8 1/80秒 ISO200 WB:マニュアル RAW

強い光が差し込む遊歩道を、手をつないだご夫婦が歩いていて、いいなと思いました。木々が輝き、道には木漏れ日、真ん中にはご夫婦、という要素をまるごと一枚に収めたかったので、f8まで絞りました。

オリンパスPEN-F M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO レンズ焦点距離:12mm 35mm判換算焦点距離:24mm相当 f22 2秒 ISO800 WB:マニュアル RAW

新宿駅をせわしなく歩く人たちを、新宿駅西口地下の壁面オブジェ「新宿の目」がじっと見つめているように見えました。人よりも、新宿の目の存在感を強く出したかったので、シャッタースピードを2秒まで遅くして、人の足だけがかろうじて見えるような雰囲気にしました。


フォトテクニックデジタル 2021年4月号

著者プロフィール

大村 祐里子


(おおむら・ゆりこ)

1983年東京都生まれ
ハーベストタイム所属。雑誌、書籍、俳優、タレント、アーティスト写真の撮影など、さまざまなジャンルで活動中。雑誌連載:『フォトテクニックデジタル』にて「身近なものの撮り方辞典」を連載中。

ウェブサイト:YURIKO OMURA
ブログ:シャッターガール
Twitter:@Holy_Garden

初著書「フィルムカメラ・スタートブック」発売中
本の制作過程を編集日誌で公開しています

フィルムカメラ・スタートブック」Amazonサイトへ

 

関連記事