親子で学ぶScratch学習ドリル どすこい!おすもうプログラミング
第4回

キャラがそれぞれ会話するようすをつくるには?

2020年より小学校におけるプログラミング教育の必修化が始まります。4月11日発売の書籍「親子で学ぶScratch学習ドリル どすこい!おすもうプログラミング」は、子ども向けのプログラミングツール「Scratch」を使って、プログラミングを段階的に学ぶ趣旨の書籍です。

プログラミングというと子どもには難しいというイメージがありますが、Scratchは視覚的にプログラミングを学べる「ビジュアルプログラミング言語」の一つで、ブロックをつなげてプログラムを組み上げることができ、直感的で楽しくプログラミングを学べる無料のWebアプリとして、世界中で人気があります。

本記事では「レベル1 入門 Scratchの基本とそうさ方法をまなぼう」より、キャラクターを表示してセリフを喋らせる方法を紹介します。

<問題>
キャラがそれぞれ会話するようすをつくるには?

Scratch ではキャラクターを「スプライト」という機能をつかって表示させるんだ。ここまで出てきたネコもスプライトなんだ。そのスプライトは下の図にある絵のボタンをクリックするとついかできるぞ。

ホントだ!ボタンをクリックしたらいろいろな絵が出てきたよ!これがみんなスプライトなんだね。えーっと、つかいたいスプライト(ここでは「Gobo」(ゴーボ))をえらんで、「OK」ボタンをクリックするんだね。

ついかしたスプライトが表示されたかな。では、ふたり(2匹?)に、図のようにセリフをつけてみるよ。どうすればいいか、考えてみてくれ。

ヒント:ふきだしを表示させるには、「見た目」にある「Hello!と言う」とか、「Hmm…と考える」のブロックをつかうよ。

 

 

<答え>
それぞれのスプライトに、スクリプトを用意する。

ふきだしを表示させるには、「Hello!と言う」や「Hmm…と考える」をつかうよ。ネコのほうには「Hello!と言う」をおいたけど、もうひとつの「Gobo」のほうにスクリプトをおくにはどうすればいいと思う?

それぞれのスプライトごとにスクリプトをおくの? でも、Gobo のほうにもブロックをおくにはどうしたらいいんだろう…。

Scratchでは、スプライトそれぞれにスクリプトをおくエリアがあるんだ。スプライトのいちらん(下図左下)にある、Gobo の絵をクリックすると、Gobo用のスクリプトエリア(下図右側)が表示されるから、そこにブロックをおくんだ。できたら「フラッグ」をクリックしてごらん!


親子で学ぶScratch学習ドリル どすこい!おすもうプログラミング

この連載の他の記事を読む

 


関連記事