羽山淳一 アニメーターズ・スケッチ ヒロインキャラクター編
第10回

「見得を切る」変身ポーズはリズム感を大切に

イラストや漫画で人間のキャラクターを表現する際には、人体がどのように動くのか、動かせるのか、その構造を理解することが重要です。不自然さのない、説得力のある動きの描写を練習するにあたっては、写真や映像を見たり、ポーズ集や3Dモデルソフトを活用するなど様々な方法が模索されています。

羽山淳一 アニメーターズ・スケッチ 動きのある人物スケッチ集 ヒロインキャラクター編」は、特にファンタジーやSFの世界観で活躍する女性キャラクターをメインテーマに据えたポーズ集。ジャンプや着地、素手や武器での戦闘アクションをはじめ、セクシーポーズや日常生活で見せる様々な瞬間のポーズまで、多様なシーンを想定したポーズを約400点収録。著者は1984年からアニメーターとして活躍している羽山淳一さん。

本記事では、Chapter4「その他のポーズ」より、特撮系ヒロインの変身ポーズ作例を紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

羽山淳一 アニメーターズ・スケッチ ヒロインキャラクター編

電子書籍はこちらから

特撮系ヒロインが変身する動作

特撮系のヒロインが変身する際の見得を切るような振り付けがありますが、今回はそういった変身ポーズ的な連続動作を描いてみました。

1

2

3
両腕のタイミングをずらした円運動と最後の直線運動でビシっと締めます。見得を切る動きはリズム感が大事です。

4

5

6


羽山淳一 アニメーターズ・スケッチ ヒロインキャラクター編

電子書籍はこちらから

 

著者プロフィール

羽山 淳一

(はやま・じゅんいち)
アニメーター、キャラクターデザイナー。

1965年、長野県出身。
高校卒業後ムッシュ・オニオン・プロダクションに入社。
『Gu-Guガンモ』(1984年)で動画デビュー。
『は~いステップジュン』(1985年)で原画デビュー。
『北斗の拳』(1987年)で作画監督デビュー。
『BE-BOP HIGHSCHOOL』(1989年)でキャラクターデザイン、デビュー。
1990年フリーランスとして独立。

書籍(玄光社):
アニメキャラクターの作画&デザインテクニック
羽山淳一 ブラッシュワーク
羽山淳一 アニメーターズ・スケッチ

関連記事