「ジュリアン・オピー」大型個展が11年ぶりに日本で開催

2019年7月10日(水)〜 9月23日(月) 東京オペラシティ アートギャラリー

Julian Opie, Walking in New York1,2019 (C) Julian Opie.

イギリスを代表する現代アーティスト ジュリアン・オピー(Julian Opie)の大型個展が11年ぶりに日本で開催される。会場は東京オペラシティ アートギャラリーにて7月10日(水)〜 9月23日(月)まで。作家自選による絵画、彫刻、映像など、初めて公開される新作を中心に構成し、ジュリアン・オピーの現在を紹介する。

近年のオピーは、極限まで簡略化された人物像が多くなっており、都市の通りを行き交う人々を表現した絵画や映像、都市のビル群やカラスの立体、田園風景や羊の彫刻、ジョギングする人々など、幅広い作品を制作している。また、会場内にBGMのように聴こえてくる音楽もオピーの作品の一部。平面作品と立体作品に大胆に分けられた会場構成とともに、ジュリアン・オピーの作品世界を存分に楽しめる。

Towers 1, 2018 (C) Julian Opie.
Telephone, 2018 (C) Julian Opie.
Sam Amelia Jeremy Teresa 1, 2019 (C) Julian Opie.

プロフィール:ジュリアン・オピー(Julian Opie)
1958年ロンドン生まれ。イギリスを代表する現代アーティストの一人。点と線という最小限の視覚言語で構成された人物像やポートレート、風景などを、平面、立体、映像そしてインスタレーションで展開している。1980年代よりヨーロッパのアートシーンで頭角を表し、その作品は世界の主要な美術館に所蔵され、現代アートの歴史を語るうえでも欠かせない重要な存在となっている。また、オピーは日本の浮世絵のコレクターでもあり、輪郭線を強調した彼の特徴的な作風も浮世絵から着想を得ている。

<開催概要>

ジュリアン・オピー Julian Opie

期間:2019年7月10日(水)〜 9月23日(月)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー(3Fギャラリー1, 2)
〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2
https://www.operacity.jp/ag/
開館時間:11:00〜19:00(金・土は〜20:00 / いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、8月4日(日)※全館休館日
入場料:一般 1,200円(1,000円)、大学・高校生 800円(600円)、中学生以下無料
( )内は15名以上の団体料金
障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料
Arts友の会会員は無料(会員証要呈示)
割引の併用および入場料の払い戻し不可

お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団
協賛:ジャパンリアルエステイト投資法人
協力:MAHO KUBOTA GALLERY

 


関連記事