メルヘンでかわいい女の子の衣装デザインカタログ
第2回

フリルの描き方と使いどころ。角度による表現の変化に注意!

創作においてキャラクターをデザインするにあたっては、キャラに着せる衣装にもこだわりたいところ。ことに女性キャラクターはファッションの幅も広く、試行錯誤が必要です。

メルヘンでかわいい女の子の衣装デザインカタログ」では、衣装デザインの考え方からキャラクターのイメージに合わせたデザインの実例をはじめ、魅力的なオリジナル衣装をつくるためのアイデアを大量に収録。前半は様々なタイプの女性キャラのデザイン案を紹介し、後半ではより詳細なファッションの部位デザインをジャンルごとに列挙しています。

服のパーツはもちろん、シュシュやバレッタなどのアクセサリーにいたるまで、必要なデザインを真似して使える、実用重視で資料性の高い一冊です。

本記事では、CHAPTER1「衣装デザインの考え方」より、「フリルのデザイン」についての解説をお伝えします。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

メルヘンでかわいい女の子の衣装デザインカタログ

フリルのデザイン

フリルもメルヘンでかわいい衣装作りに必須な要素の一つです。フリルの活用方法を紹介していきます。

基本のフリル
レースと同じく、フリルは衣装のあらゆる箇所に使いやすいパーツです。ただしレースと違って立体的なので、角度によって見え方が変わってくることに注意しましょう。いろんなパターンのフリルを知っておくとデザインを考えるのが楽しくなりますよ。

基本のフリルの描き方

付け根となる線と、フチとなる波線を描く。

波線の最上部から付け根まで線を引く。

波線の最下部から付け根に向かって線を引く。

付け根側にシワとなる線を入れて完成。

フリルのアレンジ

重ねる
フリルを重ねることで派手に。ドレスなどで使いやすいです。

細かくする
フリルの幅を細かくすると、繊細で大人っぽい印象になります。

フチを変える
ベースを描いてからフチの形を変えると簡単にアレンジできます。

大きくする
大きくするとフリルがフワッと広がり、ボリュームが出ます。

小物

カチューシャ
フリルを付けてメイド風にしたり、ヘッドドレスにしたりできます。

ヘアゴム
ヘアゴムにフリルを付けるだけでアクセサリーになります。

ハンドバッグ
ワンポイントにフリルを付けることでかわいくなります。

上半身


立襟をフリルにすると、シンプルながらも上品な衣装になります。


フリルを重ねて華やかに。上下で大きさを変えると印象的です。

胸元周り
中央にフリルを付けることで、シンプルなブラウスにも高級感が出ます。

下半身

スカート
フリルの段を重ねたスカートにすると派手な印象にすることができます。

ソックス
ゴム部分からフリルを垂らしたソックスでフワッとした印象に。


ファンタジー感のあるブーツにフリルを追加してメルヘンファンタジーに。


メルヘンでかわいい女の子の衣装デザインカタログ

著者プロフィール

佐倉おりこ

フリーランスのイラストレーター。メルヘンファンタジーな世界観を
よく描きます。児童向け書籍やキャラクターデザイン、ライトノベル
の挿絵、漫画、楽曲イラストなど幅広く活動しています。
Twitter:@sakura_oriko
ホームページ:https://www.sakuraoriko.com/


関連記事