藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く
第6回

色の塗り方で遠近感や立体感を出す

本連載は、鮮やかな色彩と独自に作り込まれた世界観で人気のイラストレーター・藤ちょこさんがキャラクター造形や描き方を解説したメイキング・ブック『美しい幻想世界とキャラクターを描く』から、アジアンファンタジー世界を描いた作品の制作プロセスを追いながら、藤ちょこさんのクリエイティビティの秘密をご紹介しています。

第6回は、色の塗り方で遠近感や立体感を演出する技法を紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

 

キャラ塗り③ レイヤーをあまり分けずに服を塗っていく

❶影を先に描いて立体感を把握する

服は、固有色を入れる前にまず影のみを描き入れます。上から色を重ねた際に濁った印象にならないよう、
無彩色(グレー)ではなく灰がかった紫色を使用します。

藤ちょこ-第6回-01

藤ちょこ’s Comment
以前は細かいパーツもベース色で塗り分けて、一つひとつ順番に仕上げいく、という塗り方をしていましたが、それだと全体の立体感の把握がしづらいため、このような変則的な塗り方になりました。

 

藤ちょこ-第6回-02

胸元は、影の一部にピンク色を混ぜています。色彩遠近法(※1)により、ピンク色を混ぜた部分が前へせり出して見えるので、胸の膨らみを強調させることができます。

❷ショートパンツの固有色を塗る

合成モード[乗算]のレイヤーを新規作成し、ショートパンツの固有色を塗ります。合成モードが[乗算]なので、さきほど描いた影が薄く透けています。

藤ちょこ-第6回-03 藤ちょこ-第6回-04
下矢印(赤)
藤ちょこ-第6回-05 その影を参考に、シワや影を塗り込んでいきます。また、服に包まれた体のラインを意識して描くと、より魅力的な印象になります。

部分的に青や赤紫などの彩度の高い差し色やハイライトを入れ、密度を高めていきます。

POINT─────

肌を透けさせてドキッとさせる

藤ちょこ-第6回-06

肌の色を[スポイト]ツールで取り、[エアブラシ]でショートパンツの太ももに接している部分に薄く乗せます。すると肌と服の境界がやわらかくなって色がなじみ、ショートパンツが薄く透けているように見せることができます。

❸他のパーツにも固有色を入れる

合成モード[乗算]のレイヤーを新規作成し、脇下の布地、アームカバー、よだれかけなど、他のパーツにも固有色を入れます。細かく塗るのは、後回しです。なお、レイヤーウィンドウで[下のレイヤーでクリッピング]をしておくと、ベースである「レイヤー2」の描画領域からはみ出さずに塗ることができます。

藤ちょこ-第6回-07

藤ちょこ-第6回-08 藤ちょこ-第6回-09

 

❹光に注意してスカートを塗る

シワの影や提灯の光に注意しながらスカートを塗っていきます。スカートの内側は色彩遠近法(※)を用いて、暗めの紫色を重ねて彩度を抑えて奥にあるように見せています。

藤ちょこ-第6回-10 右向き矢印 藤ちょこ-第6回-11

(左)スカートのフチには黄色の線を入れて立体感を与えました。金糸の刺繍のような雰囲気を出すためにコントラストを強めに。

 

※ 色彩遠近法
赤・オレンジ・ピンクなど暖色系の色は手前に、逆に青・緑など寒色系の色は奥にあるように見えます。また、同じ色相でも彩度が高いほど手前に、彩度が低いと奥にあるように見えます。この法則を利用した技法が色彩遠近法です。

 

連載ナビボタン


【関連記事】
イラストに描く「幻想世界」のつくり方。キャラクターや物語から作品世界を発想する:イラストレーター・藤ちょこさんインタビュー(2018.06.15)
藤ちょこ 新作データダウンロード 新刊「美しい幻想世界とキャラクターを描く」(2018.06.15)


<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトに飛びます

美しい幻想世界とキャラクターを描く

 

著者プロフィール

藤ちょこ

藤ちょこprof

千葉県出身、東京都在住のイラストレーター。ライトノベルの挿絵や、TCGイラスト、ソーシャルゲームイラストなど幅広いジャンルで活動している。オリジナルイラストも数多く手がけ、 鮮やかで明るい透明感のある色彩や、奥行きを感じさせる構図、背景への丁寧な描き込みが独自の世界観を引き立てている。代表作に『賢者の弟子を名乗る賢者』シリーズ(マイクロマガジン社 著:りゅうせんひろつぐ)挿絵、『八男って、それはないでしょう!』シリーズ(KADOKAWA 著:Y.A)挿絵などがある。2018年現在、初の商業画集となる『極彩少女世界』がビー・エヌ・エヌ新社より発売中


関連記事