藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く
第1回

キャラクターデザインは2つのモチーフの要素を組み合わせて作る

『美しい幻想世界とキャラクターを描く』は、鮮やかな色彩と独自に作り込まれた世界観で人気のイラストレーター・藤ちょこさんが、アジアンファンタジー、西洋ファンタジー、和洋中折衷なファンタジー、SFファンタジーという4つのテーマで描き下ろされた4作品に沿って、キャラクター造形や描き方を解説したメイキング・ブック。

本連載では、アジアンファンタジー世界を描いた作品『怪は闇夜に踊る』の制作プロセスを追いながら、藤ちょこさんのクリエイティビティの秘密をご紹介します。

第1回は、世界観の広げ方とキャラクター造形の基本について。

アジアンファンタジー世界の描き方

藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く01-01

『怪は闇夜に踊る』

これから物語が始まる高揚感、たとえるならコミックス1巻のカバーをイメージして描きました。「犬張子」と「巫女服」という二つの要素を組み合わせてキャラクターを作りました。大好きな「犬張子」の擬人化が描けて満足です。このように躍動感のあるイラストは、私にしては珍しいかもしれませんね。

※この作品画像はこちらのページからダウンロードできます


キャラクターのイメージから物語の世界観を広げる

「犬張子」と「巫女服」という二つの要素を組み合わせて作ったキャラクターのイメージから、背景となる物語の世界観を広げていきます。

藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く01-02

街の中心に大きな穴が開いていて、その側面にも建物が連なっている。街に伝わる伝説によれば、この穴は大昔、“大いなる怪異”と戦った際にできたもので、穴の底には今もその怪異が封印されているとか。

主人公は、怪異が身近にある世界で、街を守るために日々妖怪退治に繰り出す女の子。もともとは、大穴のキワに立つ神社に飾られていた置物の犬張子だった、いわゆる付喪神(つくもがみ)。神社の神主を慕っていて、老齢のため妖怪退治ができなくなった神主の代わりに、日々奮闘している……。

一枚のイラストをパッと見せて、これらの設定を全て伝えるのはもちろん無理です。しかし、絵を見た人が、それぞれの物語を想像して世界観を広げられるように、大きな柱や不思議なデザインの提灯などギミックを感じさせるモチーフを散りばめています。そのようなモチーフを発想するために、作者の中に世界やキャラクターの設定があると良いのです。

ただ、はじめから「きっちりと設定を決めてから描かなきゃ」と気負うと、絵が固くなってしまうので、描きながら設定を広げていくようにしています。今回も、描き進めながら思いついた設定がいくつかあります。

キャラクターデザインを描き出す

まず頭の中にあるぼんやりとしたイメージを描き出していき、キャラクターデザイン案を作っていきます。

藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く01-03

①刀
戦う女の子なので刀を持たせます。後々、刃と柄の境目を着物の衿の重ねのようなデザインにしました。

②大幣(おおぬさ)
はじめは大幣が巻き付いているようなデザインを想定していましたが、後々大幣は別アイテムとして分け、神楽鈴を取り付けたデザインに変更しました。

③犬張子
犬張子とは、江戸時代の伝統的なデザインの置物のことです。それを擬人化したキャラクターを主人公に設定しました。

④巫女服
巫女服から「神社に従事している設定はどうか」と思いつき、上で解説したような世界観が広がっていきました。

⑤ショートパンツ
日々、妖怪退治に繰り出しているキャラクターに活発な印象を持たせたかったので、ショートパンツをはかせることにしました。

⑥提灯

藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く01-04

提灯には、大きな技の発動に必要な霊力が溜められています。替えの利く道具ではないけれど、永らく使っているためあちこちガタがきています。破けたところを、お札で修理しているようなイメージです。

⑦お供

藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く01-05

お供の犬張子は、神主が少女へ指示を飛ばすための子機のような役割を持つ式神です。

藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く01-06 藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く01-07

これまでの作品にも、犬張子そのものや、それを擬人化したキャラクターが何度か登場しています。

 


【関連記事】
イラストに描く「幻想世界」のつくり方。キャラクターや物語から作品世界を発想する:イラストレーター・藤ちょこさんインタビュー(2018.06.15)
藤ちょこ 新作データダウンロード 新刊「美しい幻想世界とキャラクターを描く」(2018.06.15)


<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトに飛びます

藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く 表紙
美しい幻想世界とキャラクターを描く

 

著者プロフィール

藤ちょこ

藤ちょこprof

千葉県出身、東京都在住のイラストレーター。ライトノベルの挿絵や、TCGイラスト、ソーシャルゲームイラストなど幅広いジャンルで活動している。オリジナルイラストも数多く手がけ、 鮮やかで明るい透明感のある色彩や、奥行きを感じさせる構図、背景への丁寧な描き込みが独自の世界観を引き立てている。代表作に『賢者の弟子を名乗る賢者』シリーズ(マイクロマガジン社 著:りゅうせんひろつぐ)挿絵、『八男って、それはないでしょう!』シリーズ(KADOKAWA 著:Y.A)挿絵などがある。2018年現在、初の商業画集となる『極彩少女世界』がビー・エヌ・エヌ新社より発売中


関連記事