ちょっぴりHなおんなのこの描き方
第2回

女性らしいパーツの特徴を把握する

ちょっぴりHなおんなのこの描き方」は、「セクシーな女性キャラクターの表現」に特化して人物イラストの描き方を指南する主旨の書籍です。著者はグラマラスな女性のイラストで人気の高いイラストレーター、方天戟氏。

女性の体の構造から各パーツの描き方に加え、様々なポーズや女性らしい仕草の作例を多数収録したほか、見た目から内面を感じさせるようなキャラクターづくりのコツや、陰影によるシチュエーション表現などにも言及しており、イラストレーターが女性の身体を作画する際に留意しているポイントがわかる内容となっています。

本記事では、Chapter2「女性の体のパーツを学ぼう」から、「女性らしい体のパーツの特徴」についての解説と、「首元と鎖骨を描く」際の考え方および描き方のプロセスについてご紹介します。

メインとサブに分けて考える

女性を描く場合、女性らしさの象徴を大きく「乳房」「お尻と局部」「足」の3つをメインとして捉えます。さらにより女性らしく描くためのサブパーツ「肩と脇」「鎖骨」「ウエスト」「指先」を上手に描くことで、より魅力的なキャラクターに仕上げます。

女性らしさを表す3大パーツ

「乳房」「お尻と局部」「足」の特徴を知ろう。

乳房

 

微乳(知性・繊細・幼なさ)や巨乳(セクシー・陽気・包容力)など、描く乳房の大きさや形でキャラクターの性格、垂れ具合などで年齢を印象付けることができます。

お尻と局部

ズボンやスカートを身に付けていても、ヒップラインやパンチラで女性らしさ、セクシーさを強調できるパーツです。

男性にはないスラリとした足や引き締まった足首、逆にぽっちゃり肉付きのよい足など、違ったセクシーさを描き分けることができます。

鎖骨

やわらかな乳房を引き立たせる鎖骨もセクシーポイントの一つです。

肩、脇周辺

メインである乳房の魅力をさらに高める部位で、乳房とのバランスを考えながら描くことが大切です。

細くきれいな線を持つ女性の指先は、女性らしい仕草によってさらにセクシーさを増します。

ウエストまわり

ゴツゴツした男性の腰まわりと違い、細身であってもへそ周辺などにこんもりと脂肪が付きやすく、その肉感的なラインが魅力的です。

体のパーツのバランスを考える

たとえば、女性らしさの象徴である乳房を描く時、乳房自体は大きくても肩幅が広かったりすると相対的に目立たなくなります。周辺部位のバランスを考えて描くことが大切になります。

 

首から鎖骨のラインを魅力的に描く

筋肉質で無骨な男性の首まわりと違い、華奢な首から鎖骨のラインに女性らしさを感じる人は多いはず。ここでは、首から鎖骨にかけた女性らしいラインをきれいに描写することがポイントとなります。

鎖骨の位置と形状

鎖骨とは、胸骨と肩甲骨をつなぐように水平に位置する13~14センチほどの棒状の骨で、ややS字上にカーブしています。

角度を変えて見た女性の首元と鎖骨

正面からは表現しづらい女性の首まわりですが、横や斜めから見るとよりはっきりした描写が可能になります。

首元と鎖骨の描き方のプロセス

女性らしさを表現する上で重要な部位ですが、大切なのは、首元と鎖骨のラインを強調しすぎず、体型に見合ったラインを描くことです。

1. 描く角度に合わせて、体の中心線と横幅、首の太さ(楕円状)と鎖骨ラインのアタリを取ります。

・背骨のアタリを取ることで、首、肩、乳房の向きなどが描きやすくなります。
・楕円の縦の中心線が体の向きを示します。

2. アタリに合わせて首元周辺、肩、胸のラインを立体化していきます。

・楕円に沿って、円柱状に首を描き加えます。
・肩や腕を描き加えます。
・体の向きと奥行きを考えながら描きます。

3. それぞれのパーツを描き込み、女性らしい肉付きのラインを出します。

 

・鎖骨など、女性らしいラインに仕上げます。
・女性らしさの象徴、乳房のラインは慎重にセクシーに描きます。

4. よりリアリティを増すように影を付け、仕上げていきます。

・華奢な鎖骨のラインでセクシー感をアップ。
・脇のシワなどディテールもしっかり表現。
・光と影の方向を意識し、立体的に仕上げます。


ちょっぴりHなおんなのこの描き方

この連載の他の記事を読む

 


関連記事