飯田鉄写真展「球体上の点列」-helical sequence of points on a glove-

第1期 2019年6月20日(木)〜6月25日(火)
第2期 2019年6月27日(木)〜7月2日(火)
Alt_Medium

写真家・飯田鉄氏の写真展「球体上の点列」が東京・高田馬場にあるギャラリーAlt_Mediumにて開催される。入場無料。6月20日(木)から7月2日(火)までの会期を1期と2期に分け、1期「揺らし箱」2期「球体演戯」と展示作品の入れ替えを行う。

1975年の個展「写真都市」時代から現在まで、飯田氏が都市の様々な様態を撮影し、記録しつづけたモノクローム写真たち。今回の展覧会ではそれらを見直し、流れを再構成する試みを行っている。

(写真展リリースより)
飯田鉄は1948年生まれ、東京出身の写真家で、これまで精力的に展覧会で作品を発表する傍ら数多くの著作を残してきました。
また、1987 年には日本写真協会新人賞を受賞し作品は東京都写真美術館や川崎市民ミュージアムに収蔵されています。

飯田鉄の作品は1970年前後から長年にわたり都市の様々な様態を記録、撮影し、何気ない対象がどこか「踏み外し」をしたような感触を与える、独特の時間感覚と空間の捉え方が、ひとつの特徴といえます。
また、1975年の個展「写真都市」(新宿ニコンサロン)以来、都市環境、建築物などの写真作品発表活動も継続して行なっており、今回の展覧会では、その「写真都市」シリーズ時代の作品から現在までのモノクローム作品の中から、あらためてそれぞれを見直し作品の流れを再構成する試みを行っています。

プロフィール:飯田鉄
東京都足立区北千住生まれ。歴史的建築物および都市環境のルポルタージュ、撮影を主におこなう。さらにカメラ、レンズなど撮影機材についての関心も深く、著作活動もおこなう。著書に『レンズ汎神論』『街区の眺め』(日本カメラ社)など多数、個展開催多数。グループ展にも数多く出展する。1987年度 日本写真協会新人賞。東京都写真美術館、川崎市民ミュージアムに作品が収蔵される。

<写真展情報>

飯田鉄写真展「球体上の点列」-helical sequence of points on a glove-

第1期 「揺らし箱」2019年6月20日(木)〜6月25日(火)
第2期 「球体演戯」2019年6月27日(木)〜7月2日(火)
会場:Alt_Medium
東京都新宿区下落合2-6-3 堀内会館1F
TEL 03-5996-8350
https://altmedium.jp/
時間:12:00〜20:00 (6月25日、7月2日は17:00まで) 水曜日休廊
入場料:無料


関連記事