女の子が動きでかわいく見えちゃう55の撮り方
第3回

中望遠レンズだけがポートレートレンズではない!超広角で女の子をデフォルメするセオリーとは

モデルの撮影時に、どのようにポーズや動きをとってもらったらよいか?ということは、カメラマンにとっていつも悩みどころです。自分から動けない初心者のモデルには、カメラマンが的確に導いてあげる必要があります。「女の子が動きでかわいく見えちゃう55の撮り方」は、この重要なポイントである「動き」をテーマに、伸びやかで躍動感のある写真の作り方を解説しています。

本記事では、チャプター3の「撮影テクで動きを強調する」から、ワタナベタイシさんのアイデアをご紹介します。

女の子が動きでかわいく見えちゃう55の撮り方

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

効果的にデフォルメするには?強調したいパーツをレンズ前に持ってくる

BEFORE

ニコンD810 ニコンAF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR (16mm) F4.5 1/320秒 ISO100 WB:オート

広角レンズは、世界を歪ませて、肉眼で見るよりも広範囲を写し込む。その描写は、近くにあるものをより大きく見せて、遠くにあるものはより小さく見せる。遠近感を強調する特徴がある。

この特徴を利用して、動きをダイナミックに写してみよう。

モデルには、ボールを蹴る動きを指示して、足をレンズに近づけてもらう。すると遠近感がついて足が巨大化!これにより動きをデフォルメかつパワフルに見せるというものだ。

レンズの焦点距離は16mm。モデル撮影において、ほとんど使われることはないだろう。広角であればあるほど遠近感が強くなるので、よりダイナミックな印象は得やすいのだが、そのぶん画面の周辺は歪み、実像とは形が離れていくためだ。

この歪みとダイナミックさを両立させるには、モデルをなるべく画面中央に配置し、無駄な歪みを抑えつつ、強調すべきポイントを作ること(ここでは足)。そして、モデルとの距離も数センチ単位で調整してアングルを探る努力が必要だ。

なお、焦点距離が短くなると、より多くの背景情報が入り込んで雑多な印象になりやすい。背景の整理が効く環境や、写真のようにローアングルからのアオリ撮影で、空を背景にするなどの工夫をしてみよう。

AFTER

ニコン D810 ニコン AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR (16mm) F4.5 1/320秒 ISO100 WB:オート

 

ITEM「ニコン AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR」

ここでは16-35mmの広角ズームレンズを使用。思い切って16mmから撮影。さらに広角となるレンズもあるが、人物撮影では16mmくらいからがおすすめだ。

 

女の子が動きでかわいく見えちゃう55の撮り方

 

著者プロフィール

ワタナベタイシ

ワタナベタイシ

1976 年愛知県出身。学生時代に音楽活動をしていた経験を活かし、音楽関係を中心に撮影・デザイン活動を行う。2012 年より拠点を東京に移し、写真撮影と同時に、ミュージックビデオなど動画の制作を開始。「地下アイドル」と呼ばれるアイドルの写真・映像作品を多数制作。アイドルフェスのオフィシャルカメラマンとしてライブ撮影に多数参加している。
Twitter:@stripsoul


関連記事