ちょっぴりHなコスチュームの描き方
第1回

ちょっぴりHなコスチュームの描き方とは?「女性らしい体のライン」を意識して衣装の魅力を引き出す

キャラクターが着る衣装は、キャラクターの性質や物語の方向性を表現する重要な要素の一つです。衣装を着替えさせることで、ストーリー進行やキャラクター自身の変化を視覚化するテクニックは、古今東西、様々な作品で使われています。

ちょっぴりHなコスチュームの描き方」では、女性キャラクターが着る中でもセクシーな衣装のデザインに焦点を当て、どのような衣装デザインがセクシーに見えるかの基本を解説。「ワンピース」や「スーツ」など日常的に着用する服装や、「獣人」「悪魔」などファンタジー世界のモチーフをセクシーにアレンジするデザイン例も提示しています。

本記事では、PART1「セクシーに見える衣装の基本」より、「体のラインがわかる服」の解説を抜粋して紹介します。

>この連載の他の記事はこちら

ちょっぴりHなコスチュームの描き方

体のラインがわかる服

コスチュームを魅力的に魅せるためには、女性らしいラインを意識して描くことが大切。乳房を強調するデザインや、くびれのS字ラインなど体のパーツを強調して描き分けることが重要になります。

トップス:胸を強調する
キャラクターの体型設定によって乳房のシルエットは変わります。女性らしいやわらかな膨らみや張りを表現しましょう。谷間のラインを描くことで胸が強調されます。

フカン気味のアングルで描くことで、乳房のシルエットがはっきりとわかります。

トップス:ウエストを締めつける
ウエストまわりを締めつけることで、女性特有の曲線が強調されます。バストやお尻のシルエットにメリハリがつくため、全体に魅力的な印象を与えることができます。

ピチT×U ネック
体より小さいサイズの服を着せることで、肉体のサイズがわかり、セクシー度がアップします。

ショート丈のトップス
乳房の膨らみで服が上がっている様子を表現。バストサイズによって変化をつけます。

スカート:お尻のラインを強調
お尻から太ももまで桃のような丸みと曲線を帯びています。体にぴったりフィットするタイトスカートは、その特徴を目立たせることができる洋服です。

ぴったりと体に密着したタイトスカート。

パンツ:脚のシルエットを見せる
パンツは股間からお尻、太もも、足首までのラインを表現することができます。脚の筋肉のつき方や腰や太ももにつく脂肪を観察しましょう。

スキニーパンツは縫い目を入れた美脚ライン。

丸いお尻の形と印象の違いを描こう
タイトスカートとパンツは、お尻の丸みを強調する衣装です。お尻の膨らみを露出する超ローライズなデザインや、ラインを見せる股の浅いパンツなど種類は様々です。


ちょっぴりHなコスチュームの描き方

関連記事