メルヘンでかわいい女の子の衣装デザインカタログ
第8回

【佐倉おりこ流・メルヘンでかわいい女の子の衣装デザイン】服の「袖」はポーズをつけたときの立体感を意識して

創作においてキャラクターをデザインするにあたっては、キャラに着せる衣装にもこだわりたいところ。ことに女性キャラクターはファッションの幅も広く、どうしても試行錯誤が必要です。

メルヘンでかわいい女の子の衣装デザインカタログ」では、衣装デザインの考え方からキャラクターのイメージに合わせたデザインの実例をはじめ、魅力的なオリジナル衣装をつくるためのアイデアを大量に収録。前半は女性キャラのデザイン案を紹介し、後半ではより詳細なファッションの部位デザインをカタログ的に列挙しています。

服のパーツはもちろん、シュシュやバレッタなどのアクセサリーにいたるまで、参考になるデザインを真似して使える、資料性の高い一冊です。

本記事では、CHAPTER4「上半身パーツ」より、「長袖」のデザインを抜粋して紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

メルヘンでかわいい女の子の衣装デザインカタログ

長袖

袖の中も意識しよう
袖口は立体感を出さないと途端に不自然になってしまうので、袖口の締まり方や広がり方も意識してデザインしてみましょう。手を前に出した時や上に上げた時の見え方も思い浮かべてみてください。


メルヘンでかわいい女の子の衣装デザインカタログ

著者プロフィール

佐倉おりこ

フリーランスのイラストレーター。メルヘンファンタジーな世界観を
よく描きます。児童向け書籍やキャラクターデザイン、ライトノベル
の挿絵、漫画、楽曲イラストなど幅広く活動しています。
Twitter:@sakura_oriko
ホームページ:https://www.sakuraoriko.com/


関連記事