永沢まことの街歩きスケッチ入門
第11回

街歩きスケッチ 南フランスの気になるカフェを描く

『永沢まことの街歩きスケッチ入門』は、絵描き・イラストレーターの永沢まことさんが、日々の暮らしを営んでいる街のなかを歩きながら、感じたこと、気になったものや人や風景を気軽にスケッチする楽しさを紹介した一冊です。

第11回はいよいよ最終回。南フランスの古都でみかけたカフェのスケッチから作品に仕上げていくプロセスをご紹介します。

永沢まことの週末は街スケッチ
永沢まことの街歩きスケッチ入門

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら


旅先で目に留まった「ミラボー通りのカフェ」

ここはセザンヌが生涯を過ごした街としても知られる、南仏の古都エクス・アン・プロヴァンスです。メインストリートのミラボー通りにやって来ました。前日から目をつけていた場所があるのです。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-01

まずはラフスケッチから

【1】タテ描きかな…

スラリと高く伸びたプラタナスの木が前に立っています。真っ白いテントにBelle Epoqueと書かれたカフェ。これが本日のターゲットです。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-02

【2】人物をスケッチ

まず目についた、キビキビと動くウェイトレスや、イスに腰かけてのんびりしているオジサンを軽くスケッチしてみます。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-03

F8水彩紙で線描を始める

*F8:45.5cm × 37.9cm

【3】いきなりギュギューン

さあ、紙(ワットマンのF8)をタテに構えて、リブでギュギューンとプラタナスの幹を描いていきます。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-04

【4】お次はカフェの人

ペンを筆サイン極細に替えて、さっそうと飲み物を運ぶウェイトレスや通行人を描きます。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-05

 

近づいたり離れたり、じっくり観察して

【5】店内の人

暗い店内の人を近づいてスケッチ。私に気づいた人がおどけてポーズを取っています。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-06

【6】窓を描いていく

カフェの建物の窓を、まず窓枠の線から描いていきます。こういう線はあまり硬くならず、かといって軟らかすぎないよう、ほど良い温かみの直線にします。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-07

【7】窓に黒ツブシを入れる

窓に映るプラタナスの葉影を黒くペンで塗りつぶしてみたら、ガラス窓の感じが出てきました。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-08

細かいところを描けば存在感が出る

【8】現場作業、完了

昼の休憩を挟んで約5時間、線描の仕上がりです。
私を囲んでいたギャラリーに見せたら、拍手をしてくれました。

色塗りは翌日、ホテルでゆっくり

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-09

【9】朝の色塗り

ホテルの広い庭の一角にあった木のテーブルで色塗りを始めます。まずは、パレットにオレンジを薄く、薄く溶いてから。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-10

【10】木の陰を塗る

プラタナスの幹にペインズ・グレーで陰をつけていきます。幹の白さがグッと際立ってきました。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-11

【11】空は最後に

6月のプロヴァンスの空は深い青です。ウィンザー・ブルー・グリーン・シェードにフレンチ・ウルトラマリンを加えて塗り込みました。

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-12

完成!

永沢まことの街歩きスケッチ入門-11-13

こんな具合で「ミラボー通りのカフェ」は仕上がりました。
どんな絵でも描き始めが大事です。この絵の場合、直感でプラタナスの木から思い切って入ったのが良かったようです。


「街歩きスケッチ」の題材は、自分が日々歩いている道でもあるし、買い物をする店でもあるし、時々行くカフェでもあります。ぜひ日々の生活の中で、それぞれの「街歩きスケッチ」を楽しんでみてください。

連載ナビボタン


<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトに飛びます

永沢まことの週末は街スケッチ-cover
永沢まことの街歩きスケッチ入門

 

著者プロフィール

永沢まこと

永沢まことプロフィール

Nagasawa Makoto

イラストレーター。絵描き。1936年東京生まれ。学習院大学政治経済学部卒。アニメーターとして活動の後、フリーランスとなる。
78年渡米。ニューヨークに8年間在住する中で、線描による独自のスケッチ・スタイルを確立。帰国後は世界各地を旅しつつ、創作と著作活動を行っている。朝日カルチャーセンター、池袋コミュニティ・カレッジ講師。

著書:『ノンフィクション・ニューヨーク』『東京人間図鑑』『イタリア・トスカーナの優雅な食卓』『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』(以上草思社)、『絵を描きたいあなたへ』『旅でスケッチしませんか』(以上講談社)他、多数。

永沢まこと・オフィシャルブログ
http://makoart.exblog.jp/


関連記事