親子デザイン工房
第4回

キャラクター同士をつなげて、広げる「彼らの世界」

子どもたちは、彼らにしかない感性で世界を見ています。その想像力と感性は、時として絵や造形などの形で表現され、大人たちの想像を超えた輝きを放つものです。

イラストレーター、デザイナー、美術監督として知られ、二児の父でもあるロマン・トマさんは、二人の愛息が描いた絵に刺激を受けて、自らの持つ技術を使い、彼らが表現した作品の再解釈を試みました。

「親子デザイン工房」は、ロマン・トマさんと二人の息子、竜之介さんと樹さんの手によって生み出されたイラストレーションをまとめた共著です。本書では、11歳の竜之介さんと9歳の樹さんが発想し、形にしたイラストを、ロマン・トマさんがプロのクリエイターとしてより完成したイメージへと”翻訳”するまでの流れを、イラストレーションとコメントの両面から楽しむことができます。

本記事では、樹さんのモンスターに竜之介さんのキャラクターが戦いを挑む形で登場する、世界観の広がりを感じさせるパターンのリデザインをご紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

空月王

トマ

樹のモンスターの、非常にシンプルで楽しいデザインを強調するために、私は「クーモ」と共演させて、彼らの世界を広げようと思いました。「クーモ」の村は怪物がもたらす不思議な霧によって危険にさらされていました。そこで彼らは、身を守るために戦闘員グループを結成することにしました。武器を扱うことには慣れていませんが、逆境に直面した彼らの勇気と団結力は最強です。どうにか「空月王」の撃退に成功しますが、まだ安心はできません……

家に深海生物の本があります。その中にクラゲもいます。それがこの巨大な、空飛ぶ肉食クラゲのアイデアになりました! お父さんの絵は小さい目玉がたくさん付け加えてあって、ぼくのよりも怖いです。お兄ちゃんのキャラクター「クーモ」たちを使って戦うのは、絵に迫力が出て、すごくいいと思います。


親子デザイン工房

関連記事