メルヘンファンタジーな女の子のキャラデザ&作画テクニック
第6回

服装とアクセサリーのカラーリングで表現するキュートで「ショートケーキ」な女の子

物語における女性キャラクター表現の中でも、ファンタジーの世界観を採用する実例は枚挙にいとまがありません。

メルヘンファンタジーな女の子のキャラデザ&作画テクニック」は、ファンタジックな要素を含んだ物語に登場する女性キャラクターのデザイン方法を伝える趣旨のテクニック集です。

本書のタイトルにある「メルヘンファンタジー」とは、「童話」や「寓話」を意味する「メルヘン」と、超自然的な存在が登場する「ファンタジー」をかけ合わせた世界観を表現する造語。本書では「童話」、「花」、「スイーツ」、「空」の4テーマをベースのモチーフとして、イメージカラーや元となるモチーフが持つ要素をデザインに落とし込み「メルヘンファンタジー」世界に生きる女の子キャラクターを形づくる技術を指南します。

100を超えるカラフルでキュートなキャラクター案は見ているだけでも楽しく、イラスト集としても楽しめる本書ですが、現代の服装を「メルヘンファンタジー」風にアレンジする手法や、表情の描き分け方、イラストの詳細なメイキングについても言及しており、イラスト技術を学ぶ実用書としても十分な強度を持っています。

本記事では、Chapter3「キャラクターデザイン集 スイーツ」より、「ショートケーキ」をモチーフにしたアレンジ案をご紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら
>本書に関連して、著者の佐倉おりこさんにお話を伺ったインタビュー記事はこちら

デザイン意図

イチゴのショートケーキをイメージして、かわいくて甘い雰囲気をデザイン。

ショートケーキのふわっとしたやわらかさを、淡い色合いで表現しました。イチゴがのったヘッドドレスはショートケーキのてっぺん、スカートはスポンジに挟まれたイチゴをイメージしています。髪はキャラをシルエットにした時に特徴的になるように、一部をロングにして左右のボリュームを加えました。

  • 大きなイチゴの下のフリルは、たっぷりの生クリームをイメージしています。
  • ラフではイチゴが細かすぎて印象が弱かったのでサイズを大きくしました。

後ろの襟はセーラー服のように長めのデザインにしました。

ラフ

バリエーションのデザイン意図

  • ショートケーキの雰囲気を水着にしたらおしゃれだろうなと思ってデザイン。水着は布の面積が少ないので、ショートケーキのイチゴ柄を使ってデザインしました。

ショートケーキ×水着

  • 水着だけではシンプルなので、大きめのイチゴと生クリームの髪飾りを付けてデザインが印象的になるようにしました。
  • 腕にイチゴ柄のシュシュを付けて、キュートなイメージにしました。

首や背中にも大きなリボンを付けてかわいらしさをアピールしています。

横から見た時にイチゴ同士が重ならないように髪飾りのバランスを考えています。

靴のバリエーション

いろいろなタイプの靴を、イチゴのイメージである赤色が引き立つようなデザインにしてみました。大きめのイチゴの飾りを付
けたり、イチゴ柄を細かく描いたりと、表現方法は無限です。デザインをする時はぜひ足元にも気を配ってあげましょう。


メルヘンファンタジーな女の子のキャラデザ&作画テクニック

著者プロフィール

佐倉おりこ

フリーランスのイラストレーター。メルヘンファンタジーな世界観を
よく描きます。児童向け書籍やキャラクターデザイン、ライトノベル
の挿絵、漫画、楽曲イラストなど幅広く活動しています。
Twitter:@sakura_oriko
ホームページ:https://www.sakuraoriko.com/


関連記事