藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く
第4回

ワクワク感を出すために、躍動感のあるポージングに

本連載は、鮮やかな色彩と独自に作り込まれた世界観で人気のイラストレーター・藤ちょこさんがキャラクター造形や描き方を解説したメイキング・ブック『美しい幻想世界とキャラクターを描く』から、アジアンファンタジー世界を描いた作品の制作プロセスを追いながら、藤ちょこさんのクリエイティビティの秘密をご紹介しています。

第4回は、キャラクターの世界観の輪郭を作る線画のテクニックを紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

キャラ線画

❶顔周り

ラフが完成したら、まずは顔周りから描いていきます。目は外周だけでなく、瞳の中の要素もある程度描き、上まつ毛は太い一本の線ではなく細かい線を重ね、少し隙間ができるように描いておきます。

藤ちょこ-第4回-01

藤ちょこ-第4回-02

藤ちょこ-第4回-03

線画に使うのは[鉛筆5混合]。『CLIP STUDIO ASSETS』からダウンロードしたユーザー制作のブラシ(https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1640278)です。サイズはおもに3.0~10.0の間。

❷胴体

胴体部分は改めて詳細な下描きをし、それを薄く表示させながら線画を描きます。「顔」や「胴体」など、領域ごとに線画レイヤーを分けておくとあとで修正しやすくなります。

藤ちょこ-第4回-04a 右向き矢印 藤ちょこ-第4回-04b

 

❸髪

つむじの位置を決め、毛先へ流れるように描いていきます。頭の素体のラインより少し大きめに髪のラインを取るとバランスよく描けます。

藤ちょこ-第4回-05a 右向き矢印 藤ちょこ-第4回-05b

 

❹モチーフ

お供や提灯、刀などの線画も描いていきます。それを終えたら、線画のはみ出しなどを[消しゴム]ツールで消して整えます。

藤ちょこ-第4回-06
10枚以上レイヤーを分けた線画は、フォルダを作成してまとめておきます。

POINT─────

体幹をぶらさずに描く

藤ちょこ-第4回-07

体の中心に一本ガイドラインを引いておくと、体幹をぶらさずに描きやすくなります。

POINT─────

線画にメリハリを出す

藤ちょこ-第4回-08

ブラシサイズの変更や線の重ね描きによって強弱を出し、メリハリのある線画にしています。

 


【関連記事】
イラストに描く「幻想世界」のつくり方。キャラクターや物語から作品世界を発想する:イラストレーター・藤ちょこさんインタビュー(2018.06.15)
藤ちょこ 新作データダウンロード 新刊「美しい幻想世界とキャラクターを描く」(2018.06.15)


<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトに飛びます

美しい幻想世界とキャラクターを描く

 

著者プロフィール

藤ちょこ

藤ちょこprof

千葉県出身、東京都在住のイラストレーター。ライトノベルの挿絵や、TCGイラスト、ソーシャルゲームイラストなど幅広いジャンルで活動している。オリジナルイラストも数多く手がけ、 鮮やかで明るい透明感のある色彩や、奥行きを感じさせる構図、背景への丁寧な描き込みが独自の世界観を引き立てている。代表作に『賢者の弟子を名乗る賢者』シリーズ(マイクロマガジン社 著:りゅうせんひろつぐ)挿絵、『八男って、それはないでしょう!』シリーズ(KADOKAWA 著:Y.A)挿絵などがある。2018年現在、初の商業画集となる『極彩少女世界』がビー・エヌ・エヌ新社より発売中


関連記事