フィルムカメラ・スタートブック
第7回

フィルムカメラは魅力的!「フィルムカメラ・スタートブック」でご紹介するフィルムカメラをチラ見せ!

「フィルムカメラ・スタートブック」とは?
これからフィルムカメラを始めたい人に向けて、カメラ選びからフィルムの取り扱い方、そして、作品制作をする上での心構えまでを写真家 大村祐里子が丁寧に解説します。フィルムカメラはむずかしくありません、デジタルカメラでは味わえない楽しみを提案する書籍です。玄光社より2020年3月6日発売予定

この編集日誌では、「フィルムカメラ・スタートブック」の編集過程を報告していきます。

これまでの日誌はこちらから

フィルムカメラ・スタートブック」Amazonサイトへ

 

「フィルムカメラ・スタートブック」本誌に掲載するカメラはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

すみません、さすがに公開はできないので、チラ見せでした。本書籍では、フィルムの入れ方や出し方、そしてカテゴリ別のカメラの使い方などを、多数の動画をリンクし、スマホで動画を見ながら使い方を理解出来きるような本となっております。どうぞ本誌をお楽しみに。

物撮りする大村祐里子氏。今日もモノブロックストロボ3灯でライティング。


大村祐里子さんは、お菓子が大好き。この日もスタッフが用意したクッキー、チョコレート、おせんべいなどをバリバリ食べて、瞬速で撮影が終わりました。

編集作業は、来週の入稿に合わせて佳境に入っております。発売日は、3月6日です。
Amazonにて好評予約受付中です。

フィルムカメラ・スタートブック」Amazonサイトへ

著者プロフィール

大村 祐里子


(おおむら・ゆりこ)

1983年東京都生まれ
ハーベストタイム所属。雑誌、書籍、俳優、タレント、アーティスト写真の撮影など、さまざまなジャンルで活動中。雑誌連載:『フォトテクニックデジタル』にて「身近なものの撮り方辞典」を連載中。

ウェブサイト:YURIKO OMURA
ブログ:シャッターガール
Twitter:@Holy_Garden

初著書「フィルムカメラ・スタートブック」2020年3月6月発売予定
本の制作過程を編集日誌で公開しています

フィルムカメラ・スタートブック」Amazonサイトへ

 

関連記事