大村祐里子の身近なものの撮り方辞典
第44回

明確な役割のある「ボトル」。そのありようから物語を想像する

ふだん写真は撮っているけれども、どうも納得できる写真が撮れない。そういう思いを抱く人は多いのではないでしょうか?写真家の大村祐里子さんは、フォトテクニックデジタルの連載「大村祐里子の身近なものの撮り方辞典」の中で、日常的な風景を独自の視点で見つめて写真作品をつくる方法を教えています。

「身近なものを作品にする」大村祐里子さんの撮り方辞典、第44回のテーマは「ボトル」です。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

撮影のポイント

1. ボトルのどこに注目し、どう演出に活かすかなど、3つの視点を意識しよう。
2. 光の当たる方向や見る角度を観察して魅力を引き出そう。

富士フイルムFUJIFILM X100T f2 1/100秒 ISO400 WB:マニュアル RAW

街角で、黄色いケースに入れられた透明のボトルを見つけました。上から見ると、丸い飲み口が規則正しくならんでいる様子が模様のようで面白いなと思いました。

ボトル撮影の3つの楽しみ方

ボトルの撮影には3つの楽しみ方があるように思います。
1つめは「ガラスの透明感」に注目する方法。ボトルはなんといっても透明なガラスが魅力的です。
2つめは「形を楽しむ」方法。飲み口は丸く、本体はスマートだったり太めだったりと様々。
3つめは「ストーリー性を演出する小道具として使う」方法。ボトルは、空間にぽつんと置いてあるだけで、写真に物語性が付加されます。
ボトルを見つけたら、3つのうちどの視点から楽しめるか考えてみましょう。

光の方向や見る角度を探る

ボトルを形成するガラスは、光の当たり具合によってはキラキラと光ってとてもきれいです。逆光で、光がガラスを透かすような状況も清涼感があってよいですし、カラフルなライトが当たってガラスが色づいた時も魅力的です。光の当たる方向や色に気をつけながら、ガラスを観察してみましょう。また、ボトルは形も独特なものが多いです。丸い飲み口がずらりと並んでいるようなシーンも、模様のようで面白いです。いろいろな角度から形状を眺めてみましょう。

富士フイルムFUJIFILM X100T f2 1/1250秒 ISO200 WB:マニュアル RAW

海辺で、年季の入ったボトルを発見しました。一体いつ、どこから流れてきたのだろう…と、思わずボトルのこれまでの物語を想像してしまいます。茶色いボトルは、レトロで、なんとなく哀愁が漂いますね。

ソニーα7R III タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD 焦点距離:28mm f2.8 1/30秒 ISO1250 WB:マニュアル RAW

飲み屋さんの入り口に置かれた酒瓶が、ライトに照らされて光っているのがきれいだなと思い、シャッターを押しました。緑や茶色など、色付きのガラスの方が、清涼感には欠けるものの、ライトがはっきりと映り込むのでぴかぴか光る様子がよくわかります。

キヤノンEOS R RF24-105mm F4 L IS USM 焦点距離:81mm f4 1/320秒 ISO200 WB:マニュアル RAW

「水に浸かったラムネの瓶」は鉄板ですね。うす青色のガラスを眺めていると、なんとも涼しげな気分になります。


フォトテクニックデジタル 2021年4月号

著者プロフィール

大村 祐里子


(おおむら・ゆりこ)

1983年東京都生まれ
ハーベストタイム所属。雑誌、書籍、俳優、タレント、アーティスト写真の撮影など、さまざまなジャンルで活動中。雑誌連載:『フォトテクニックデジタル』にて「身近なものの撮り方辞典」を連載中。

ウェブサイト:YURIKO OMURA
ブログ:シャッターガール
Twitter:@Holy_Garden

初著書「フィルムカメラ・スタートブック」発売中
本の制作過程を編集日誌で公開しています

フィルムカメラ・スタートブック」Amazonサイトへ

 

関連記事