大村祐里子の身近なものの撮り方辞典
第20回

空気感の演出で際立つ「本」の魅力を写真に収める

「身近なものを作品にする」大村祐里子さんの撮り方辞典、第20回のテーマは「本」。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

撮影のポイント

1. 本を取り巻く場の「空気感」をいかに表現するかが大事。
2. 「空気感」を表すのに一役買うのが絞り開放。写真に動きを出すのが「風」。

MAMIYA C330 MAMIYA SEKOR 105mm DS F3.5 Kodak PORTRA 400 f3.5 1/60秒

小学校の教室の机の上に置かれた本を撮影しました。窓から入る緩やかな風が気持ちのよい日でした。その空気感を表現するため、風でページがめくれた瞬間を切り取りました。奥のカーテンも一緒に揺れているので、通り抜ける風を感じられる一枚に仕上がりました。

本をどこに置くかが一番の肝

本を撮る時、最も大切にしているのは「空気感」です。その本は一体どういう場に置いてあるのか、どういった内容のものなのか…。そういったことをできるだけ写真で伝えられるように心がけながら、シャッターを切っています。本はわりと手軽に動かすことができるので、いろいろな場所に置いてみて「ここだ!」と思う場所で撮影してみましょう。本そのものが地味なので、ドラマチックになりすぎるかな? と思うくらいの場所が実はちょうどよかったりします。

絞り開放と「風」がものをいう

「空気感」を出すために有効なのが「風」を取り入れる方法です。風に吹かれてページがふわりとめくれる瞬間を切り取ると、静かな世界の中に動きが出ます。また、本そのものの「意思」を感じさせるような写真に仕上がります。下敷きのようなもので近距離から扇ぐとページはすぐにめくれます。また、絞りを開けると、被写体以外がぼけて「空気感」が出やすくなります。わたしは本を撮る時は、普段の撮影ではあまり使わない「絞り開放」を選択することが多いです。

Rolleiflex 2.8F Xenotar Kodak PORTRA 800 f4 1/30秒

プレゼントしていただいたブックカバーと栞を初めて使った日の写真です。「読みかけの本」の醸し出す空気感(この先にまだまだ面白い物語が詰まっているような、ワクワクする感じ)を写したくて、あえて栞にピントを合わせ「読書の途中」という雰囲気を演出しました。本にピントを合わせると、読書の途中ではなく、本の存在感の方に目がいく写真になってしまうので…。

MAMIYA C330 MAMIYA SEKOR 105mm DS F3.5 Kodak PORTRA 800 f3.5 1/30秒

カフェで写真集を眺める友人を横から撮影しました。人そのものではなく「写真集を眺めている雰囲気」を出したかったので、思い切って友人の顔は写さず、首から下だけにして匿名性の高い写真に仕上げました。顔を写すとどうしてもその人の表情や雰囲気に引っ張られるので、メインで写したいところがそこでない場合は、人物の顔を写さないのもアリだと思います。

Rolleiflex 2.8F Xenotar Kodak Ektar 100 f2.8 1/125秒

木漏れ日の中、ページがめくれていく本を撮影しました。最初(ここに本はなく)木漏れ日の入るオレンジ色の木のテーブルが美しいなと思いました。ただ、テーブルだけだと寂しいので、何か置いた方がよい気がしました。この時、文庫本を持っていることを思い出したので、それを置き、写真に撮りました。本はその場に物語性を持たせてくれる素敵な小道具です。

 


「大村祐里子の身近なものの撮り方辞典」はフォトテクニックデジタルで連載中です

<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトに飛びます

フォトテクニックデジタル 2018年9月号

著者プロフィール

大村 祐里子


(おおむら・ゆりこ)

1983年東京都生まれ
ハーベストタイム所属。雑誌、書籍、俳優、タレント、アーティスト写真の撮影など、さまざまなジャンルで活動中。雑誌連載:『フォトテクニックデジタル』にて「身近なものの撮り方辞典」を連載中。

ウェブサイト:YURIKO OMURA
ブログ:シャッターガール
Twitter:@Holy_Garden


関連記事