大村祐里子の身近なものの撮り方辞典
第17回

主役にも脇役にもなる「葉」は補色の使い方がカギ

「身近なものを作品にする」大村祐里子さんの撮り方辞典、第17回のテーマは「葉」。寄れば主役に、引けば脇役になる被写体ですが、それだけに、画面をまとめるにはコツが必要になります。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

撮影のポイント

1. 「葉」は主役にも脇役にもなれるだけに、撮影イメージを作る時はどちらでいくか、あらかじめ明確にしておく。
2. 「葉」の色と補色の関係にある色を背景に取り込むと、主役が引き立つ。

キヤノンEOS 5D Mark III Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE f2.8 1/500秒 ISO400 評価測光 WB: マニュアル RAW

青い水たまりの中に映り込んでいる木を撮りたいと思いました。それだけではつまらないと感じたので、青を引き立てるオレンジっぽい色の落ち葉がうまく配置されるようアングルを選んでシャッターを切りました。これは葉を「脇役」として写しているタイプの写真です。

主役か脇役か明確にするとよい

葉は独特の形をしていて、色も様々で、存在感の強いものが多いので、メインの被写体として捉えることができます。一方で、散って地面にちらばった葉は模様のように見えることがあるので、(別の)メインの被写体を引き立てるテクスチャとして捉えることもできます。このように、葉は、主役にも脇役にもなれてしまいます。葉を撮影する時は、主役にするのか、脇役にするのか、自分の中で明確にしてから撮影しましょう。その方が主題が伝わりやすくなります。

葉の色の補色を背景として使う

葉を生き生きと撮影するには、「補色」の関係を利用してみるとよいでしょう。たとえば、黄色い葉を撮りたい場合は、色相環で黄色の反対側にある青紫っぽい色(川や水たまりなど)を背景にもってきましょう。葉を脇役にする場合も、もちろん補色関係が使えます。青っぽいメインの被写体を引き立てたいのなら、赤っぽい葉を脇役として選びましょう。そうすれば、お互いの色がより引き立ちます。色のバリエーションが様々な葉だからこそ、色で遊んでみましょう!

キヤノンEOS 5D Mark II Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE f2.2 1/800秒 ISO800 評価測光 WB: マニュアル RAW

池の水面に浮かぶ、一枚の鮮やかな黄色い葉が気になりました。黄色を際立たせたかったので、ホワイトバランスを寒色側に調整し、背景となる池の水面が黄色を引き立てる青色になるようにしました。また、雨が降っていたので、雨による波紋がうまく葉にかかるタイミングを狙ってシャッターを切りました。これは葉を「主役」としているパターンです。

キヤノンEOS 5D Mark II Carl Zeiss Otus 1.4/55 ZE f1.8 1/250秒 ISO400 評価測光 WB: マニュアル RAW

車のフロントガラスに張り付いた緑の葉がいいなと感じました。雨によって生じた水滴の中に浮かんでいるような葉をそのまま写したいと思いました。ただ、そのまま写すと、全体的に同じトーンの緑色でまとまってしまい、つまらなくなると考え、少しアングルを変えて、葉の背景に、緑の反対色(補色)である赤が配置されるポジションでシャッターを切りました。これは葉を「主役」としているパターンです。

キヤノンEOS 5D Mark IV タムロンSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 レンズ焦点距離:70mm f2.8 1/80秒 ISO200 評価測光 WB: マニュアル RAW

公園にて、あずまやのような場所に絡まっているフレッシュな緑色をした葉と、背景の木々の緑色(しかも左右で緑の色合いが異なる)のバランスが美しいと思い、シャッターを切りました。これは被写体すべてが葉、という応用編です。こういった場合は、緑色にバリエーションを持たせると、まとまり感が出つつもシンプルになりすぎないのでオススメです。


「大村祐里子の身近なものの撮り方辞典」はフォトテクニックデジタルで連載中です

<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトに飛びます

フォトテクニックデジタル 2018年9月号

 

著者プロフィール

大村 祐里子


(おおむら・ゆりこ)

1983年東京都生まれ
ハーベストタイム所属。雑誌、書籍、俳優、タレント、アーティスト写真の撮影など、さまざまなジャンルで活動中。雑誌連載:『フォトテクニックデジタル』にて「身近なものの撮り方辞典」を連載中。

ウェブサイト:YURIKO OMURA
ブログ:シャッターガール
Twitter:@Holy_Garden

 

<ワークショップ情報>

CAMERA fan ワークショップ Vol.7開催 参加者募集中
『トーキョー・スナップシュート F1.2で撮る世界』

玄光社のCAMERA fanは、2018年9月16日(日)と10月28日(日)に、オリンパスのF1.2大口径単焦点シリーズとPEN-Fでスナップショットを撮るワークショップを開催します。

第1回 9月16日(日)は、赤城耕一氏を講師に迎えて、PEN-Fのモノクロプロファイルコントロール機能とF1.2大口径のプロレンズを活かして、下町浅草の街を撮ります。

第2回 10月28日(日)は、大村祐里子氏を講師に迎えて、PEN-Fのカラープロファイルコントロール機能などの色調整とプロレンズを活かして、都内の自然風景を撮ります。

参加者にはオリンパス PEN-Fと、単焦点プロレンズシリーズをお貸し出しいたします。


関連記事