親子で学ぶScratch学習ドリル どすこい!おすもうプログラミング
第2回

ネコを動かすためのブロックはどこにある?

2020年より小学校におけるプログラミング教育の必修化が始まります。4月11日発売の書籍「親子で学ぶScratch学習ドリル どすこい!おすもうプログラミング」は、子ども向けのプログラミングツール「Scratch」を使って、プログラミングを段階的に学ぶ趣旨の書籍です。

プログラミングというと子どもには難しいというイメージがありますが、Scratchは視覚的にプログラミングを学べる「ビジュアルプログラミング言語」の一つで、ブロックをつなげてプログラムを組み上げることができ、直感的で楽しくプログラミングを学べる無料のWebアプリとして、世界中で人気があります。

本記事では「レベル1 入門 Scratchの基本とそうさ方法をまなぼう」より、キャラクターを動かすための最も基本的なブロックの組み方を紹介します。

<問題>
ネコを動かすためのブロックはどこにある?

こんどはネコが動くプログラムをつくってみるぞ。そのためには、「10歩動かす」と「フラッグがクリックされたとき」の、2つのブロックが必要になるよ。2つのブロックを「ブロックエリア」から見つけだして、スクリプトエリアにならべてみよう。できるかな?

「10歩動かす」は「動き」の中の、いちばん上にあるから、これをとなりのスクリプトエリアまで、マウスで動かせばいいんだね。

よし、いいぞ。つづいて「フラッグがクリックされたとき」も探してみよう。どこにあるか、わかるかな?

ヒント:ブロックエリアには、「動き」や「イベント」「見た目」「制御」などの項目にわかれているよ。それぞれをクリックして、探してみよう。

 

 

<答え>
ブロックは「ブロックエリア」に種類ごとに分けておかれている。

「フラッグがクリックされたとき」は「イベント」の中にあるよ。見つかったかな?

うん。見つけたよ! 「フラッグがクリックされたとき」もスクリプトエリアまで、マウスで動かして、と。親方、この緑色の旗にはどんな意味があるの?

プログラムの最初に「フラッグがクリックされたとき」をくっつけておくと、左側の「ステージ」の上にある「フラッグ」をクリックしたときにスクリプトが実行されるんだ。たとえば、下の図のように、「フラッグがクリックされたとき」の下に「10歩動かす」を5つくっつけてから、「フラッグ」をクリックしてごらん。

よーし実行してみよう! うん、ネコが動いたよ!

 

 

豆知識

もしネコが右に行き過ぎてしまったら、マウスでつかんで左側へ持っていけばもどすことができるよ。


<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトに飛びます

親子で学ぶScratch学習ドリル どすこい!おすもうプログラミング

この連載の他の記事を読む


著者プロフィール

著・入江 誠二 イラスト・くにともゆかり

入江誠二(いりえ・せいじ)

長崎県長崎市生まれ。10歳の時にパソコンと出会い、ゲームや音楽、CGなどさまざまなコンピュータの可能性に魅せられる。東京大学工学部卒業後はシステム開発会社に入社、エンジニアやプロジェクトマネージャ、社内教育、企画の業務などを経て、現在はIoT関連のベンチャー企業に勤務。そのかたわら週末はプログラミング教室NBiTでScratch / Unity / Minecraft / VRなどを子供たちと一緒に楽しんでいる。

プログラミング教室 NBiT:https://nbit.jp/

 

くにともゆかり

1993年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。広告制作会社を経てフリーに。イラストだけでなく、キャラクターデザインも行っており、おもわずほっこりしてしまうようなイラストレーションを目指している。

 

書籍(玄光社):
親子で学ぶScratch学習ドリル どすこい!おすもうプログラミング


関連記事