藤ちょこ ー 美しい幻想世界とキャラクターを描く
第9回

藤ちょこさんのファンタジー世界を描くテクニック 背景の細部を描き、全体を整える

本連載は、鮮やかな色彩と独自に作り込まれた世界観で人気のイラストレーター・藤ちょこさんがキャラクター造形や描き方を解説したメイキング・ブック『美しい幻想世界とキャラクターを描く』から、アジアンファンタジー世界を描いた作品の制作プロセスを追いながら、藤ちょこさんのクリエイティビティの秘密をご紹介しています。

第9回は、背景の細部を描き、全体を整えるテクニックを披露します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

美しい幻想世界とキャラクターを描く

 

背景③ 細部を描き込みリアリティを加えていく

あたたかみを光で演出する

合成モード[加算(発光)]のレイヤーを新規作成し、[エアブラシ]で窓や提灯に光を足してリアリティを加えます。また、屋根の瓦の起伏や看板など、細部を描き込んでいきます。

【鳥居】

藤ちょこ-第9回-01

【看板】

藤ちょこ-第9回-02 藤ちょこ-第9回-03

看板を描き込むことで生活感を出します。

【窓の光】

藤ちょこ-第9回-04

窓の光はオレンジなどの暖色系にすると、あたたかみや親しみやすさが出ます。

【棚】

藤ちょこ-第9回-05

大まかな色と形で奥の街並みを描く

奥の街並みは、手前の建物ほどしっかり描き込まず、大まかな色と形でそれらしく描いていきます。
実際の風景でも、遠景のものは大まかな形しか見えません。遠景のものをきっちり描き込みすぎると、かえって遠近感が出なくなってしまいます。

藤ちょこ-第9回-06 右向き矢印 藤ちょこ-第9回-07

❸街並みの色合いを落ち着かせる

合成モード[比較(明)]のレイヤーを新規作成し、奥の街並みに全体に灰がかった紫色を乗せ、くすんだ色合いにして印象を落ち着かせます。

藤ちょこ-第9回-08 右向き矢印 藤ちょこ-第9回-09

くすんだ印象になるほか、空気遠近法によって奥に見える効果もあります。

❹流れを意識して夜空を描く

コバルトグリーンや紺色などで、薄く雲を描き入れて空間の流れを表現します。地上からの光を考えて雲の
下部は明るくします。

藤ちょこ-第9回-10

星は合成モード[加算(発光)]のレイヤーを新規作成し、[エアブラシ(飛沫)]をメインに描き入れます。[Gペン]でところどころ大きさや色を変えた星も描き入れ、ランダムな印象にします。

❺煙を描き和を演出する

画面に流れを出すため、キャラクターの前面に煙エフェクトを入れました。日本画の雲を参考にうねりをもったような形にし、あえて平面的に処理します。

藤ちょこ-第9回-11

藤ちょこ-第9回-12

背景④ 背景全体を整えていく

背景全体の色をまとめる

合成モード[比較(明)]のレイヤーで、背景全体に灰紫色をかけて色をまとめると同時に、空気遠近法により遠くに霞んで見えるようにします。

藤ちょこ-第9回-13

藤ちょこ-第9回-14 右向き矢印 藤ちょこ-第9回-15

空にかかる部分は[消しゴム]ツールで消し、全体がぼんやりしないようにしています。モチーフのキワに彩度の高い差し色を入れ、色の印象を複雑にします。

モチーフの色の印象を複雑にする

合成モード[オーバーレイ]のレイヤーを新規作成し、スカートや右腕のリボン、耳の赤い部分に鮮やかな赤色を足します。

藤ちょこ-第9回-16 右向き矢印 藤ちょこ-第9回-17

 

藤ちょこ-第9回-18 右向き矢印 藤ちょこ-第9回-19

モチーフのキワに彩度の高い差し色を入れ、色の印象を複雑にします。

 


【関連記事】
イラストに描く「幻想世界」のつくり方。キャラクターや物語から作品世界を発想する:イラストレーター・藤ちょこさんインタビュー(2018.06.15)
藤ちょこ 新作データダウンロード 新刊「美しい幻想世界とキャラクターを描く」(2018.06.15)


<玄光社の本>

美しい幻想世界とキャラクターを描く

著者プロフィール

藤ちょこ

藤ちょこprof

千葉県出身、東京都在住のイラストレーター。ライトノベルの挿絵や、TCGイラスト、ソーシャルゲームイラストなど幅広いジャンルで活動している。オリジナルイラストも数多く手がけ、 鮮やかで明るい透明感のある色彩や、奥行きを感じさせる構図、背景への丁寧な描き込みが独自の世界観を引き立てている。代表作に『賢者の弟子を名乗る賢者』シリーズ(マイクロマガジン社 著:りゅうせんひろつぐ)挿絵、『八男って、それはないでしょう!』シリーズ(KADOKAWA 著:Y.A)挿絵などがある。2018年現在、初の商業画集となる『極彩少女世界』がビー・エヌ・エヌ新社より発売中


関連記事