動きのあるポーズの描き方 セクシーキャラクター編
第9回

「セクシーな衣装」の描き方とは? 体のラインが出て、水滴が滴る「濡れ透け」の表現

イラストにおいて人物の動きを表現するには、まず人体構造の理解が必要です。「動きのあるポーズの描き方」シリーズでは、キャラクターに設定された年齢や体型ごとの特徴、表情、ポーズを描く上でのポイントを詳細に解説。今回紹介する「セクシーキャラクター編」では、主に女性キャラクターの「色気」を表現するための基本を解説しています。

著者のkyachiさんは本書の中で、セクシーな絵とは「生々しさを感じさせる絵」であると説明しており、胸やお尻などのわかりやすい部分だけでなく、関節や筋肉がつくる出っ張りや凹み、服の食い込み、表情など様々な要素を組み合わせた結果として「セクシー」な表現が生まれるといいます。

本記事ではチャプター4「セクシーな衣装」より、濡れて透けた服の表現方法を紹介します。

服は濡れると透けたり、体にぴったり密着したりします。どう変化するかを見ていきましょう。

濡れた服の表現

濡れると服はシワが多くなり、体に密着している部分は透けます。透けさせる場所を考えながら描きましょう。

乾いた服

濡れた服

  • ふくらみのある胸部分は、生地が密着する部分なのでブラジャーのラインが透ける。
  • したたり落ちる水で、びっしょりと濡れている様子を表現。

実際にはあまり透けないショーツの部分を、演出として透けさせるのもあり。

厚い生地

生地が厚いと、濡れた分重くなり、重力に沿って下に落ちる。

袖や裾などに水が集まり、したたり落ちる。

薄い生地

貼りつくことで、透けだけでなく体のくびれも表れるようになる。

ぴったりした生地

体に密着した生地の場合、濡れてもシワはほとんど増えないが、生地が透けるようになる。

おへそや鼠蹊部のラインなども透ける。

濡れたセーラー服

濡れた服の表現ができるようになると、さまざまなシチュエーションを描くことができます。濡れたセーラー服を例に見てみましょう。

  • ぴったりと貼りついているのでブラジャーがくっきりと透けている。
  • リボンの先端には水が集まり、したたり落ちている。
  • ハリのあるブラウスの袖は、捲り上げることで密集する。
  • 太ももに貼りついているため、足のラインが出る。

絞る時の手の角度に注意。それぞれの部分の生地の厚さや素材を考えながら描きましょう。


動きのあるポーズの描き方 セクシーキャラクター編

この連載の他の記事を読む


関連記事