動きのあるポーズの描き方 セクシーキャラクター編
第6回

座りポーズの美しい曲線を描く方法

イラストにおいて人物の動きを表現するには、まず人体構造の理解が必要です。「動きのあるポーズの描き方」シリーズでは、キャラクターに設定された年齢や体型ごとの特徴、表情、ポーズを描く上でのポイントを詳細に解説。今回紹介する「セクシーキャラクター編」では、主に女性キャラクターの「色気」を表現するための基本を解説しています。

著者のkyachiさんは本書の中で、セクシーな絵とは「生々しさを感じさせる絵」であると説明しており、胸やお尻などのわかりやすい部分だけでなく、関節や筋肉がつくる出っ張りや凹み、服の食い込み、表情など様々な要素を組み合わせた結果として「セクシー」な表現が生まれるといいます。

本記事ではチャプター2「セクシーなポーズの描き方」より、座ったポーズの描き方に関する項目を紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

セクシーな座り方

地面に座るポーズをセクシーに描くには、肩のラインと腰のラインの傾きを大きくして背骨のS字ラインを強調するのがポイントです。足を崩して横に流せば、女性らしい曲線ができます。

  • 胸を張った状態になるので乳房が上向きになる。
  • 脇の下を見せるのもセックスアピールの一つ。
  • 地面に接地していないほうの肉が盛り上がる。
  • 腰に肉が集まり、下着の食い込みが大きくなる。
  • 座ることにより、お尻の肉が広がるので大きく見える。

セクシーな座り方バリエーション

お尻をペタンと地面につけた座り方は、女性ならではのポーズ。お尻を突き出すことで背中のラインが美しくなり、くびれも強調されます。

  • 華奢な背中は女性らしさを表現するパーツ。手で地面を押している状態なので、背中にも力が入り肩甲骨が浮き出る。
  • 背中をくの字に曲げることで腰の反りを表現。
  • 骨盤が前に倒れているので、股間の下側が見えるようになる。

膝を立てたポーズ

体の前面が大きく隠れているポーズです。胴の形やお尻の位置、足や腕がついている位置などをアタリでしっかり決めてから描きましょう。

腕と足をクロスさせたポーズ。乳房が隠れていても女性らしさが出るのは、クロスの法則(第1回参照)により、くびれや丸みが際立つようになるから。

 

 


<玄光社の本>

動きのあるポーズの描き方 セクシーキャラクター編

著者プロフィール

Kyachi

女子美術大学デザイン学科卒業。在学中よりソーシャルゲームや書籍などでイラストを執筆。pixivにて、自身が作るコンテンツ『動きのあるポーズを描く時にコントラポストでいうのとか重心のこととかいろいろ便利みたいです』が20万人超のブックマーク数を獲得した。

書籍(玄光社):
動きのあるポーズの描き方 女性キャラクター編
動きのあるポーズの描き方 男性キャラクター編
キャラクターの色の塗り方
ドレスの描き方


関連記事