大村祐里子の身近なものの撮り方辞典
第37回

「身近なものを作品に変えるコツ」きれいなだけじゃない「チューリップ」のイメージを写し取る

ふだん写真は撮っているけれども、どうも納得できる写真が撮れない。そういう思いを抱く人は多いのではないでしょうか?写真家の大村祐里子さんは、フォトテクニックデジタルの連載「大村祐里子の身近なものの撮り方辞典」の中で、日常的な風景を独自の視点で見つめて写真作品をつくる方法を教えています。

「身近なものを作品にする」大村祐里子さんの撮り方辞典、第37回のテーマは「チューリップ」です。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

撮影のポイント

1.「華やかさ」と「グロテスクさ」の両面からアプローチしてみよう。
2. 様々なアングルから撮影したり大胆に色を変えてみよう。

OLYMPUS PEN-F M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO 35mm判換算:90mm相当 f1.2 1/1250秒 ISO250 WB:マニュアル RAW

小さい頃から、真上から見た時のチューリップが怖くて仕方がありませんでした。おそらくこの内部の黒い部分がそう感じさせるのだと思います。横から見ると可憐なのに、上から見ると食虫植物のような雰囲気を感じてしまいます。でも、怖いもの見たさで必ず上から撮ってしまいます。

チューリップの“怖さ”に注目

チューリップといえば春の代名詞。たくさんの品種があり、花の色も様々で華やかな印象です。しかし! よく見るとちょっとグロテスクなところもあります。花を上から覗くと妙に黒っぽかったり、厚みのある花が群生している様子がどこか怖かったり。そう思っているのは私だけかもしれませんが…。ということで、感覚に正直に撮影するのがモットーである私は、チューリップを撮る時は、「華やかさ」と「グロテスクさ」の両面から捉えるようにしています。

アングル違いで様々な表情

チューリップがたくさん咲いている場所の方が、バラエティに富んだ作品を生み出せるので、できるだけ群生しているところを選びましょう。チューリップは、撮影する角度によって全く表情が違います。真上から、横から、下から…と、様々なアングルから眺めてみましょう。「この角度はこんな風に見えるのか!」と発見があるはずです。また、チューリップはホワイトバランスを思い切って変えてみるなど、色を大胆に変化させると違った印象になり面白いです。

OLYMPUS PEN-F M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO 35mm判換算:90mm相当 f1.4 1/6400秒 ISO250 WB:マニュアル RAW

チューリップは花のひとつひとつに存在感があるので、どうしても花に寄ってしまいがちですが、ちょっと引いてみると、また違った景色を見ることができます。花に集中しすぎた時は、休憩がてら周りを眺めてみましょう。この時は、桜の花びらが流れる小川の周りにカラフルなチューリップが咲いていて「春爛漫」という感じでした。

OLYMPUS PEN-F M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO 35mm判換算:90mm相当 f1.2 1/4000秒 ISO250 WB:マニュアル RAW

思い切って全体的な色みを寒色系に振ってみた一枚です。実際は明るく可愛らしい感じでしたが、写真では少し不気味になりました。「ちょっと怖い」というチューリップへの心象を写せたので、気に入っています。

OLYMPUS PEN-F M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO 35mm判換算:90mm相当 f1.2 1/3200秒 ISO250 WB:マニュアル RAW

チューリップの「華やか」というイメージを写した一枚です。望遠レンズで、絞りを開放にして、全体を大きくぼかすと空気感が出て軽やかになります。


フォトテクニックデジタル 2020年9月号

著者プロフィール

大村 祐里子


(おおむら・ゆりこ)

1983年東京都生まれ
ハーベストタイム所属。雑誌、書籍、俳優、タレント、アーティスト写真の撮影など、さまざまなジャンルで活動中。雑誌連載:『フォトテクニックデジタル』にて「身近なものの撮り方辞典」を連載中。

ウェブサイト:YURIKO OMURA
ブログ:シャッターガール
Twitter:@Holy_Garden

初著書「フィルムカメラ・スタートブック」発売中
本の制作過程を編集日誌で公開しています

フィルムカメラ・スタートブック」Amazonサイトへ

 

関連記事