PERFECT PHOTO RECIPES BOOK
第10回

屋内写真の撮り方のレシピ 明るさを操って見せたいイメージに近づける

SNSや写真投稿サイトなどでは、上手な写真が溢れています。しかし、その中で作者の個性が光って、思いが伝わる「面白い写真」はどれだけあるでしょうか。写真家の野寺治孝さんは、著書「PERFECT PHOTO RECIPES BOOK(パーフェクト・フォトレシピブック)」の中で、撮影者の感性を活かした「面白い写真」の撮り方をわかりやすく、レシピ風に解説しています。

本記事では、光を読んで撮る屋内写真の撮り方をご紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

明るさの基準をどこにするかで印象は変わる。光を読もう。

【タイトル】
ホテルのレストラン

【難易度】
★★★★

【データ・機材・条件】

◯撮影場所:キューバ・ハバナ・サンミゲルホテルのレストラン
◯使用レンズ/撮影データ:16-35mm F2.8(20mm付近)1/40秒 F5.6 絞り優先AE -2/3補正 ISO400
◯使用機材/準備するもの:フルサイズデジタル一眼レフカメラ
◯光の状態:晴天の窓からの斜光
◯構図/アングル:ドアを中心にほぼ左右シンメトリーに

【撮り方】

◯被写体の発見:撮影に出かけようとレストランの脇を通ったら窓からいい光が差し込んでいた。
◯撮影方法:ピントは正面左の奥のテーブルに合わせる。窓の外からテーブルの下まで明るさに差があるので露出設定は慎重に。
◯注意点:垂直の線を傾けない。
◯レタッチ方法:黄をやや上げる。彩度をやや下げる。コントラストをやや強く。

【ポイント】
この撮影で一番重要なポイントは“光を読む”ことだ。窓の外を100とすれば右のテーブルの下はほぼ0だ。明るさの基準をどこにするかで出来上がる写真の印象は大きく異なってくる。見た目よりもやや暗めの露出にした。

 

 


<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトにジャンプします。

PERFECT PHOTO RECIPES BOOK

著者プロフィール

野寺治孝

1958年千葉県浦安市生まれ。写真家。海や日常風景の周りに漂う空気感や自然光を活かした撮影に定評があり多くのファンを持つ。主な仕事に松任谷由実のコンサートパンフレットとCD ジャケット、丸の内カレンダー(三菱地所・伊東屋)、サマーグリーティング切手2015 、2016年(日本郵便)などの撮影を手掛ける。その他雑誌、写真展、講演、写真集など多数。
ウェブサイト:http://www.nodera.jp/


関連記事