大村祐里子の身近なものの撮り方辞典
第10回

動と静、2つの状態で多様な表現ができる「靴」、そして床

「身近なものを作品にする」大村祐里子さんの撮り方辞典、第10回のテーマは「靴」。「歩く」と「立ち止まる」の2つの状態を交互に繰り返す靴は、撮ってみると意外に動きがあり、バリエーションもつけやすい被写体です。

撮影のポイント

1.「動」と「静」を意識して撮り分ける。
2. ローアングルで撮りやすいカメラを使う。

MAMIYA C330 Mamiya-Sekor 105mm F/3.5 Kodak Professional PORTRA 800 f3.5 1/15秒

お友だちとカフェに行った時、物を落としてしまったのでテーブルの下を覗き込みました。その時、目に入ったお友だちの靴の雰囲気が、味のある床とマッチしていて、クールでカッコいいなと思ったのでシャッターを切りました。

「動」と「静」を意識

靴を撮影する時に意識すると面白いのは、「動」と「静」ではないかと思います。誰かが履いている状態の靴であれば、動きのある「動」の写真を撮ることができますし、置いてある靴だけならば「静」の写真を撮ることができます。「動」の場合は、履いている人に動きをつけてもらったり、多重露光をしたりして、動感をより演出してみましょう。「静」の場合は、その靴に合うような床面を選び、ブツ撮りとしても成立するような絵づくりをしてみるとよいでしょう。

ローアングルに強いカメラを

靴は基本的に低い位置に存在しているものなので、ローアングルから撮影しやすいカメラを選ぶと、より撮りやすくなります。わたしはウエストレベルファインダーの二眼レフのカメラを床面に置いて撮影しています。そうすると、上からでも構図の確認がしやすいので便利です。バリアングル液晶付きのカメラもローアングルに強いので、よいと思います。また、セルフタイマー付きのカメラであれば、自分の履いている靴をタイマーで撮影することができます。

Rolleiflex 2.8C Xenotar Kodak Professional PORTRA 800 f4 1/60秒

椅子の上に乗るために靴を脱ぎました。ふと下を見ると、自分の脱いだ靴が床面の色と合っていて良い感じに見えました。そこで、俯瞰から撮影しました。靴を撮る時、床面は“ブツ撮り”でいうところの「背景紙」だなと思っています。靴を引き立てるいい床があったら、どんどんシャッターを切りましょう。

Rolleiflex 2.8C Xenotar Kodak Professional PORTRA 400 NC f4 1/125秒

かわいいビーチサンダルを買ったので、それをどこかで撮影したいなと思っていました。ローカル線の駅で良い光が入っているスポットがあったので「ここだ!」と思い、ビーチサンダルを履いたまま椅子に座り、その様子をセルフタイマーで撮りました。ビーチサンダルに注目してもらうために、あえて足元を気にするようなポーズをとってみました。

Rolleiflex 2.8C Xenotar ILFORD DELTA 3200 PROFESSIONAL f2.8 1/60秒

久しぶりにヒールの高い華奢な靴を履いた日でした。「この雰囲気を活かした写真を撮れないかなあ」と思いました。ただ、単に靴だけ撮っても面白くないので、自分でその靴を履き、歩き回る様子をローアングルから多重露光で撮影してみました。大人っぽさを出すために、フィルムはモノクロを選択しました。動きのある面白い写真になったかなと思っています。


「大村祐里子の身近なものの撮り方辞典」はフォトテクニックデジタルで連載中です

<玄光社の本>
クリックするとAmazonサイトに飛びます

フォトテクニックデジタル 2018年5月号

この連載の他の記事を読む


著者プロフィール

大村 祐里子


(おおむら・ゆりこ)

1983年東京都生まれ
ハーベストタイム所属。雑誌、書籍、俳優、タレント、アーティスト写真の撮影など、さまざまなジャンルで活動中。雑誌連載:『フォトテクニックデジタル』にて「身近なものの撮り方辞典」を連載中。

ウェブサイト:YURIKO OMURA
ブログ:シャッターガール
Twitter:@Holy_Garden


関連記事