キャラクターを彩る 小物の描き方
第10回

イラストを引き立てる小物〜ペンライト光の描き方〜

キャラクター表現において、そのキャラクターが身につける装飾品は、キャラクターの性質や個性を表現する重要な要素です。物語の中でキャラクターが活躍する際に、読者や視聴者がそのキャラクターを識別する際のトレードマークであり、それは単なる装飾品の枠を超えた、キャラクターが持つアイデンティティの一部とさえいえるでしょう。

イラストレーター・24氏が手がける「キャラクターを彩る 小物の描き方」では、帽子や眼鏡、ネックレス、腕時計、ベルト、靴、文房具など、キャラクターが身につける「小物」の様々なバリエーションを例示。小物単体だけでなく、キャラクターに着せた着用例も提案しており、小物自体の描き方に加えて、キャラクターのファッションを考えるアイデア出しにも使える一冊となっています。

本記事では「OTHER」の章より、歌手やアイドルのコンサートやライブで使われる「応援グッズ」の描写についてご紹介します。

>この連載の他の記事はこちら
>前回の記事はこちら

キャラクターを彩る 小物の描き方

アイドルを応援する人物イラストを描きたい人必見。「推し」の色で彩ってください。

光の描き方

ペンライト(サイリウム)
暗所でのコンサートで、観客が歌手に向けて振る光る棒のことです。ソーシャルゲームなどの、アイドル系のコンテンツが好きな人は必見です。

1.ライトの部分と、持ち手を大きく2つに分けます。ライトの付け根部分は、固定するパーツがあります。カラーリングは、まずライトの部分の色をベースカラーで塗りつぶします。※手順1と3は同じ画像

2.先端の方からベースの色よりも、鮮やかで濃いめのグラデーションを施しています。

3.反対側にあるライトの根元。ここは、白いグラデーションを入れました。中央部に少しオレンジのグラデーションを残しています。

4.輪郭に近い、ライトの内側にハッキリと白いハイライトを描き込みます。

5.ペンライトをよく観察すると、小さな光の粒子が集まっているようにも見えます。濃いオレンジや白い点をランダムに描いたレイヤーをオーバーレイで重ねてキラキラを表現します。仕上げに、輝度の高いオレンジの光があるように発光させたら完成です。

人物イラスト

応援うちわとペンライト
応援グッズの定番といえば、ペンライトとうちわ。ほかにはTシャツやパーカーなどの衣服、タオルやリストバンドなどの小物があります。

ライブタオルとラバーバンド
タオル生地はコシがあります。つぶさずに立体的に描くことがポイントです。ラバーバンドで留めるとおしゃれさアップ。


キャラクターを彩る 小物の描き方

著者プロフィール

24(にじゅうよん)


徳島県出身、東京都在住のイラストレーター。
書籍の装画や挿絵などを執筆。
HP:http://24phage.tumblr.com/
twitter:https://twitter.com/24unk

 


関連記事