初心者のためのCLIP STUDIO PAINT PRO 疑問解決集
第4回

レイヤーを組み合わせて絵に効果を付けたい

初心者のためのCLIP STUDIO PAINT PRO 疑問解決集」は、これからデジタルでのイラスト制作に挑戦してみたい、または挑戦しはじめたばかりという方に向けて、特に初めての方がつまづいてしまいがちなポイントをQ&A形式で107の項目に分けて解説している本です。本記事では、CLIP STUDIO PAINT PROでのレイヤーマスクの使いこなし方を解説します。

 

レイヤーの合成モードを変更しよう

レイヤーには「合成モード」という機能がついています。合成モードを設定したレイヤーは、すぐ下にあるレイヤーの内容を反映して、見えかたを変化させます。「どの絵にどんな合成モードを使えばいいか」を理解するには慣れが必要ですが、まずは使いかたを覚えてしまいましょう。

STEP 1

レイヤーパレットのA の部分が、現在選択しているレイヤーの合成モードです。ここをクリックすると合成モードの一覧が表示されるので、任意で選びましょう。

 

STEP 2

合成モードは10種類以上用意されています。自分の絵に合った効果を見つけ出しましょう。合成モードを変更すると、レイヤーの表示も反映され、キャンバスに描かれている絵の見えかたも変化します。

表示を見て、レイヤーの合成モードを常に把握しておきましょう。


●通常:合成モード「通常」は、下のレイヤーの影響を受けず、そのまま色を重ねます。
●加算(発光):設定中のレイヤーと下のレイヤーにある色を足して明るくするのが「加算」。「加算(発光)」はより強い効果が得られます。


●乗算:設定中のレイヤーと下のレイヤーの色を掛け合わせる効果です。参考画像のように。地色と模様を掛け合わせたいときなども使います。

 

初心者のためのCLIP STUDIO PAINT PRO 疑問解決集

この連載の他の記事も読む


関連記事